ピクシブ百科事典

木口小平

きぐちこへい

シンデモ ラッパ ヲ クチカラ ハナシマセンデシタ
目次[非表示]

プロフィール

生年月日1872年9月10日
出身小田県成羽村(現・岡山県高梁市成羽町)
性別男性
階級陸軍二等卒


概要

木口小平とは、日本陸軍兵士である。日清戦争で戦死したがラッパ手として、死ぬときも口からラッパを離さなかったという逸話で有名。戦前の教科書にはその逸話が載っていた。

小泉鉱山で鉱山夫として働いたが、1892年12月から歩兵二等卒となり、1894年月に日清戦争に出征する。このとき、中隊の喇叭(ラッパ)手を務めていた。同年7月の成歓の戦いに参加する中29日敵弾を受け戦死した。この時の話が上記の逸話である。なお実際は本人の精神力よりも死後硬直が原因だとされている。

この逸話はすぐに日本本土に伝わったが、最初期は白神源次郎のエピソードとされた。教科書にもその名前で載ったが、7年後に修正された。

関連タグ

兵士 ラッパ 日清戦争

関連記事

親記事

大日本帝国陸軍 だいにほんていこくりくぐん

兄弟記事

コメント