ピクシブ百科事典

森嶋猛

もりしまたけし

森嶋猛とは、東京都江戸川区出身のプロレスラーである。愛称は「モリシー」、「モリシ」。
目次[非表示]

概要

1978年10月15日生まれ。東京都江戸川区出身。全日本プロレスを経てプロレスリング・ノアに所属していた。長身・巨漢という日本人離れした体躯が特徴。

デビューまで

東京学館浦安高校時代に柔道を経験し、卒業後柔道部の阿部新二監督の知人であった三沢光晴が所属する全日本プロレスへ入門。同期生として橋誠丸藤正道がいた(丸藤は少し入門時期が遅れているが、ほぼ同期扱い)。三沢の付き人になるが、約1か月後の丸藤入門後に、丸藤と代わる形で田上明の付き人となる。

デビューしてからノア引退まで

デビュー当初は高い身長を活かせず、対戦相手に合わせてしまうため自分の能力を発揮できずに消化不良になる試合が多かった。体型やファイトスタイルが似ており、若手時代の最大のライバルであり「WILD II」の盟友でもあった力皇猛が早い時期から活躍して注目されるのと比較される事もよくあった。
 だが、2005年後半からその体躯や容姿を含めて往年のレスラーであるテリー・ゴディを彷彿とさせる豪快さを身に付け、また使用する技もジャンボ鶴田、ベイダーなどスケールの大きな往年のレスラーをミックスした「肉体的圧力で相手を潰す」ファイトスタイルに変わってきている。2010年頃から同じ巨漢レスラーの吉江豊と対戦したり、「ピンク・ゴディ」を結成した頃より「巨漢のヘビー級レスラーならではの醍醐味をみせる」試合を信条とする発言を折に触れて行っている。
 また、一度暴れだすと見境が無くなることがある。例えば、2008年に三沢とのシングル対決が決まったシリーズでは開幕の後楽園大会から既に気合に満ち溢れており、試合に敗れながらも興奮収まらぬ森嶋は対戦相手の小橋建太本田多聞金丸義信を次から次へとラリアットでなぎ倒し、しまいには同じチームであったKENTAにまでラリアットを見舞うほどであった。
 2010年9月にベルトを全て失い、さらに怪我により欠場して以降はしばらくスランプに陥っていたが、2011年終盤にグローバル・リーグ戦に優勝して以降はGHCヘビー級王座を再度獲得するなどスランプから脱した。
 体重は最重量時(2005年1月の欠場からの復帰後)には170kgを越えていたが、森嶋曰く「この方が自分にとっては動きやすい」としていた。その後、2010年11月の欠場からの復帰以降は130kgに減量している。

引退してから

2015年4月、現役を引退することを発表。ノアによると森嶋は血液中のヘモグロビンHbA1cの数値が異常に高く、ドクターストップがかかり今後治療を続けてもノアの最前線で試合をしていくことは不可能との判断から森嶋が引退を決断したという。また、のちに自身のFacebookで脂肪肝による肝機能の異常も引退の理由であることを告白。
(しかし、その直前に自身のFBで様々な事を吐露しつつ徘徊していた様子が、彼のFBを見ていた多くの人によって確認されており、明らかに異常な引退劇であることは誰の目にも明らかであった。一説には、ノアの取締役会で彼の提案が全て否決されたがため、自身の引退を勝手にプロレスマスコミに伝えたのではないかと言われる)

 その後、9月19日に大阪府立体育会館にて引退試合を行うことが発表されたが森嶋のコンディションの関係上、延期。しかし、2015年12月末に延期していた森嶋の引退試合、並びに引退セレモニーは森嶋の意向を尊重し執り行わないことが決定した。
 そして同年12月末日をもって、契約期間の満了によりノアを退団。ノア側は森嶋について「引退」という表現ではなくあくまで退団扱いとしており、森嶋からも引退に関する具体的な発表はなく、この時期さまざまな職業についており、レスラーとしての活動は休養状態になっていた。

そして2018年7月10日に行われた「POWER HALL2018」に来場し、リング上であいさつ。10月15日に東京・後楽園ホールで開催される「GENESIS~森嶋猛帰還~」にて復帰することを表明。しかし、とてもではないが試合などできるコンディションではなく、結局復帰はならなかった。

そして2018年11月4日午後11時半ごろ、東京・新宿歌舞伎町の路上でタクシー運転手の男性の顔を殴ってけがをさせたとして現行犯逮捕される。

逮捕に至るまで

「幸福伝道師」

事件を起こすほぼ一月前の10月12日、プロレスラーの彰人さんのツイート(参照)で奇妙な名刺の画像(画像)が公開される。
 そこには「幸福伝道師 森嶋猛」の文字が。彰人さんのツイート曰く、彰人さんの友人が酒の席で知らぬ間に受け取っていたとのこと。ちなみにこの時点で復帰興行は本人の病気を理由に既に中止となっており、とてもではないが酒の席にいていい人物ではない。幸福を伝えるどころか、後楽園ホールを押さえていたぐらいの興行に関わる人々や団体に多大な迷惑をかけてしまい、多くの人の不幸の原因となっていたことが容易に推測できる。
 この時点で本人がまずなすべきだったのは、ノアの試合会場に行き欠場のお詫びをファンの前ですることであったのは誰の目にも明らか。だが、実際はなされなかった。以前からメンタルの弱さを指摘するファンもいたので、飛んでくるヤジの凄さへの恐怖があったのであろう。ただ、それでも構ってほしいがために、優しくしてくれそうな関係者や知人、その他の人のところに片っ端から顔を出していたのかもしれない。

目撃情報の頻出、神出鬼没の徘徊

 それからしばらくの間、地方のインディー団体や女子プロレス団体などでの目撃情報が相次ぐ。後に判明することでは、行きつけの新宿、四谷近辺の飲食店でもプロレス関係者やファンに金の無心をする姿が頻繁に目撃されたという。迷惑をかけ続けた結果、同地域では多くの店から出入り禁止を通達されるまでになっていた。その無心は当然ながら、目撃されていたプロレス会場にも及んでいる。ある団体の試合では、森嶋容疑者のタクシー代を「選手一人一人に500円ずつ出させた」という謎の光景が繰り広げられたこともあったとか。

タクシー代の踏み倒しに及び、逮捕

 そして11月となり、下の二つ目の動画でも取り上げられている事件を起こすに至る。タクシー代18000円の踏み倒し及び、タクシー運転手という何の罪もない一般人に対する傷害行為、それも、肉体が凶器扱いされておかしくないプロレスラーによるものということで、全く擁護のしようがない凶悪犯罪となってしまった。
 「そもそも、なぜ電車でなくタクシーで、それもこんな高額になるほどの長距離移動をしたのか?」という疑問が5chプロレス板の森嶋関連スレに当然ながら沸き起こったが、「電車だと先払いで金が必要だし、自意識過剰だから有名人気取りでタクシーに乗り込み金の無心に出掛けたと推測」と、同スレの別の人が返している。このタクシー運転手傷害(強盗致傷?)事件もそんなたかり体質の果て、とうとう誰もタクシー代を肩代わりする人がいなくなった結果、起こるべくして起きてしまったのであろう。逮捕された後の本人の言葉「現金を持っていればこんなことにならなかった」という言葉が全てを物語っている。これは遠回しに「金を貸してくれなかった知人たちが悪い」と言っているように見えるのは、当記事の編集者だけではなかろう。

関連動画




関連リンク

ウィキペディア「森嶋猛」(編緝保護される前の過去分記事) ※ここからの引用多数。 現行記事は逮捕に関する事実の記述が削除されているなど、保護されているにもかかわらず不可解な編緝が見られる。

関連記事

親記事

プロレスリング・ノア ぷろれすりんぐのあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「森嶋猛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 143

コメント