2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 古代中国の地理書『山海経』で言及される神々の1柱。→本項で解説。
  2. 中国神話に登場する英雄「后羿」の臣下の1人。


概要

古代中国の地理書『山海経』の「中山経」に記載されている異形の神。中国語ではウールオ(Wuluo)と呼ぶ。

その姿は人面で白い歯を持ち、耳には「鐻(キョ)/金銀環」という耳飾りを付けている。そして身体は豹柄であり腰は小さいと描写される。またその声は赤玉がぶつかる音の様であるといわれている。

四凶の一角であるが処刑された土地とされる中山から、さらに東へ十里(約39km)の位置の青要山にある、三皇五帝の1人・黄帝が統括し、美容に良い果実が産するために女性が住むのに相応しいという秘密の都の守護者であるという。

なおその秘密の都とは、崑崙のことであるともいわれている。

歴史書『春秋左氏伝』においては、中国三国時代から西晋時代にかけての政治家で学者でもあった杜預(トヨ)によって注釈が書かれており、羿の臣下であったともされている。

関連タグ

山海経 中国神話 中国妖怪 妖怪 人面獣  

関連記事

親記事

山海経 せんがいきょう

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました