ピクシブ百科事典

「法孝直、全てに報いよう」
CV:橋詰知久

猛将伝から参戦。
陳寿に『徳性について賞賛されることはなかった』と評価されたこともあってか、ドSどんな小さな恩にも恨みにも報いるという徹底した報恩報復主義者。目下相手にも敬語を使う事もあって、正しくインテリヤクザの異名が似合う人物となっている。
7猛将伝発売前のキャッチコピーは「すべてに報いる劇薬」だったが何故か程なくして変えられた。

自分の性格か悪いを自覚しており、自身を悪党と称し、恩返しや恨みを晴らす事は人として自然な事だと考えている「報いの精神」の持ち主。劉備を御人好しとしながらも彼の仁徳と器量を認め、劉備に受けたという大恩を返すため忠義を尽くす。
劉備死亡時には「俺の居場所はもうどこにも無い」と絶望するなど、計算高い冷徹には見えてもなにげに大徳に惚れ抜いている様子。
反面、劉備にも無遠慮に喋る、劉備を囮にするというとんでもない策を実行するという徳性の低さのせいか、趙雲諸葛亮とは仲が悪く、味方である法正に対し露骨に嫌悪感を示すという珍しい趙雲や星彩が見られる。
諸葛亮には「本当は俺のこと嫌いですね? 別にいいですよ。俺もそうですから」と発言し、英傑伝でも表面上だけは友好的な会話をしている。

対女性用台詞により、郭嘉と並び歩く18禁と渾名されている。
無双で「その日の快楽だけを求めて」という台詞が見られるのは法正だけ!

7猛将伝にて、史実では既に過労死していた法正が生きていたら、という仮定を元にした夷陵復讐戦というステージがあるが、
義兄弟の関羽を殺した呉へ復讐するという劉備の行いを止める人間しかいなかった蜀陣営において、劉備に加担どころか諸手を挙げて奨励した初めての人物といえる。
報復命というだけあってものすごく生き生きしており、大変周到な罠でもって呉に倍返しを行う。

8では史実の益州攻略と漢中侵攻が描かれているが、尚書令となるも夷陵の戦いより前に病死、死の直前に関羽や荊州への懸念を指摘している。

諸葛亮とは、仲間としてはお互い認め合っているような関係(法正曰く「極めて合理主義者」と評す)となっており、彼に真っ向から現実的な意見を言える数少ない人物だった。
法正を尚書令に諸葛亮が推薦しており、こんな悪党をいいのですかと訪ねたところ劉備殿には劇薬も必要ですと能力は認めていた。

後にDLCで法正が主役のIFシナリオが配信された。病気に気づいた劉備の命令に従い、諸葛亮の薦めた峨眉山の秘湯で療養に向かう最中に南中の軍と遭遇したところから始まる。
その後は、樊城で関羽を助けたり夷陵で孫呉をハメたり、街亭の戦いを逆転勝ちしたり、南蛮を利用した上で荊州を奪還たり、諸葛亮の命が終わる前に北伐を終わらせると宣言し、五丈原で司馬懿を敗走させて諸葛亮の命を繋ぎ留めるなどの大活躍が描かれている。

関連記事

親記事

四大軍師 よんだいぐんし

兄弟記事

コメント