ピクシブ百科事典

滝隠れ

たきがくれ

滝隠れとは、岸本斉史による漫画『NARUTO』に登場する地名及びそこに所属する人物に 対して使用される用語。
目次[非表示]

概要 

五大国の1つに数えられる「火の国」の北部に位置する隠れ里の一つ。中忍試験を木の葉隠れ、砂隠れ、雨隠れ、草隠れの各里と合同で行っていた。

所謂マイナーな隠れ里であるが、ジャンプフェスタ2004の舞台となったこともある。その話の中では「あまり強い忍に恵まれたわけではなかった」との発言があるが、の一人角都の出身国でもあり、現在は落ちぶれてこそいるが、かつては優秀な上忍を多く輩出し恐れられていたらしい。
その功績があった為、小国でありながら尾獣の一体七尾を初代火影柱間から分配されていたと言う過去がアニメオリジナルストーリの中で明かされた。
滝隠れの里自体は本編には直接かかわってこないものの、所属する(していた)忍が本編の深いところに関わる里でもある。

前述のとおり、ジャンプフェスタ2004では滝隠れの里が舞台になっている。マイナーの鏡とでも言うべきだろうか・・・?(そう言う意味では、本編で関わった雨隠れの方が言えそうだが・・・)
そのストーリーの中には、「英雄の水」なる秘法が登場。飲めば術者の命を削る代わりに強い力を与えるもので、この水のおかげで独立を保てたという設定がある(もっとも、劇中で失われてしまったが)

角都が使う禁術の存在もあるので、いろいろと戦力になりそうな術が存在する里なのかもしれない。

所属

里長:シブキ(アニメオリジナル)
人柱力:フウ

抜け忍

角都
水煙(ジャンプフェスタ2004)

住人

シズク(ジャンプフェスタ2004)
ヒマツ(ジャンプフェスタ2004)

関連タグ

木ノ葉隠れ  雨隠れ 忍者

pixivに投稿された作品 pixivで「滝隠れ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9787

コメント