ピクシブ百科事典

漆間恒

うるしまわたる

漆間恒とは、漫画『ワールドトリガー』の登場人物。ボーダー本部所属B級漆間隊隊長。
目次[非表示]

概要

漆間恒とはボーダー本部所属B級部隊、漆間隊隊長のガンナーである。

ネタバレ注意
ここから先には単行本未収録の情報が含まれます。





















ジャンプSQ2020年12月号の第203話、遠征選抜試験説明会にて、漆間隊隊長の漆間恒(と同隊のオペレーターである六田梨香)らしき人物が確認されたが、状況からそう推測されているのみであり名前が明言されたわけではないためまだ不確定の情報となる。

もし確定であれば、外見は烏丸を思わせるもさもさ系。


プロフィール

ポジションガンナー
年齢不明
誕生日不明
身長不明
血液型不明
星座不明
職業不明
好きなもの不明
家族父、母、兄


人物

前述したジャンプSQでも、姿らしきものしか確認されていない(しかも一コマのみの登場)ため、情報が少なくどのような人物かは不明。

戦闘能力

現在まで作中での戦闘描写は無く、キャラクターの口からそれらの話題が出た事もない。

しかし、ただのB級中位の名前があるモブというわけではない。
BBFで判明した構成員がボーダーの部隊で唯一の戦闘員1人部隊であった事から、BBF発売当時から一定の注目を集めていた。
これは現在のA級、B級どちらにおいても他に類を見ない構成である。

また、B級ランク戦 第2戦では柿崎隊那須隊来馬隊から2得点をもぎ取り、シーズン終わりの最終戦績はボーナスポイントを引いても18得点と得点だけを見れば弓場隊と同得点である。最も、弓場隊はB級上位であるとはいえ一人で18得点という事実から腕のたつガンナーと想像されている。

トリガーセット

メイントリガーサブトリガー
アステロイド:突撃銃バッグワーム
カメレオンサイレンサー
シールドシールド
ダミービーコン(試作)メテオラ



考察


単行本10巻のB級ランク戦開始時点では漆間隊はB級中位の上層である9位であったが、ランク戦開始後からは急速に順位を落とし現在はB級下位に位置している。
このことから、「ランク戦開始までの期間に何らかの事情で隊員が抜けてしまったのではないか?」と考察されることも多い。
主な原因として考察されているものは大規模進行による隊員の流出や隊員の全員がサイレンサーを装備するB級18位の常磐隊、A級4位の草壁隊スナイパーである宇野隼人との関係性などがあげられるが何せ情報がないため今後の展開に期待である。

そんな唯一の戦闘員である漆間のトリガーセットが、恐ろしく偏りに偏った、スネークする気しかない単独隠密行動の装備であることから、あるいは最初から1人コンセプトの部隊なのではとも、隊員が抜けたため1人で戦えるように対応した結果なのではとも言われているが真相は不明。
ちなみにトリガーセットを全て埋めているB級隊員は元A級である二宮匡貴、マスタークラスでオールラウンダーの香取葉子のみであり、そのレベルの高さが伺える。

余談

ジャンプSQ2020年12月号の第203話で登場時、僅か一コマのみ(セリフなし、しかも名前がないため不確定情報)であるにも関わらず、当時のTwitterではトレンド19位に「漆間さん」が入った時間帯もあった。
また、漆間恒について得られる情報の殆どはBBFからであるため、コアなファンしか気づくことができない新キャラというなかなかに美味しい立ち位置だったりもする。


関連タグ

漆間隊 六田梨香 漆間隊 ワールドトリガー

関連記事

親記事

漆間隊 うるしまたい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「漆間恒」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3150

コメント