2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

猫南瓜

ねこかぼちゃまたはねこなんきん

猫南瓜とは日本各地に伝わる死んだ猫の頭から生えるという毒南瓜の怪談、妖怪。
目次[非表示]

概要

なんらかの理由で死んだを埋めてからしばらくたったころ、近くで南瓜が採れたために食べようとすると、何か不穏なことに気付いた者に止められる。
その南瓜にはがあり、食べたものは死んでしまう。
南瓜の蔓を引き抜いたところ、埋められた猫の髑髏の目、もしくは口の中から生えていたという。

見る人によってはその南瓜は猫の頭に見えるともいわれる。

猫が死んだ理由は魚を盗むために殺された、家人の命を狙うのを旅のものに気づかれ殺されたなど、伝わる地方によって異なる。

なお南蛮から南瓜が普及した経路と連動したのか、青森県宮城県山形県神奈川県静岡県和歌山県などの港町に伝わっている。

余談

南瓜はアメリカ原産の野菜であるが、その有用性からコロンブスのアメリカ到達以降、あっという間に世界中に広まり、日本には16世紀中頃(室町時代)に九州に漂着したポルトガル船により、カンボジアの瓜として伝わり普及したといわれる。

実の大きさが不気味であるともされるため、東欧諸国に伝わった際には、収穫が遅れると吸血鬼が生まれるという伝承も生まれている。

創作での扱い

あにめたまえ!天声の巫女

センシティブな作品


ハロウィン特別編にて登場。見た目は着物とカボチャスカートを合わせた衣装にとんがり帽子を被った、和洋折衷な黒魔女スタイルの猫耳少女。
毒南瓜から作った菓子で人間を無差別に毒殺しようと企てるが、言吹心火によって怨念を浄化され、体から生える南瓜も無害な美味しい南瓜へと変化。現在はハロウィンに南瓜料理を振る舞う妖怪として活躍しているらしい。

関連イラスト

猫南瓜
ねこかぼちゃ
センシティブな作品
猫南瓜
猫南瓜
七十三鬼目 猫南瓜


関連タグ

妖怪 化け猫 南瓜 怨念 
ハロウィン 猫草

関連記事

親記事

妖怪 ようかい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「猫南瓜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7371

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました