2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

玉王ナカムレ

たまおうなかむれ

クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡に登場するゲストキャラクターにしてラスボス的存在。

「ちょっと何しますのん!?これやったら悪い事したみたいですだわ!!」
CV : 山本圭子

人物

銀座でバーを営む温厚な性格の婦人。その正体は作中の敵組織である珠黄泉族の頭領。
ヘクソンと共にジャークを蘇らせようとする。部下たちからは「ママ」と呼ばれている。
「グフフフ」と不気味に笑いながら常に余裕の笑みを浮かべている。

悪党ではあるが玉由良ブラザーズのオカマバーに襲撃を仕掛けた際にはその場にいた野原ひまわりが玉を飲み込んだことを直感で見抜き余裕ができたというタイミングでトイレに行ったり、行った先で気色悪いデザインのトイレを見たことで動揺、隙を生んでしまい野原一家に逃げられたり、健康ランドでは着替えに手間取ったせいで出遅れたりと本編の悪役としてのシリアス分はヘクソンとチーママが担っていることもあり彼女はある意味クレしんのキャラらしい悪役と言える。

その一方で健康ランドで乱闘騒ぎになりかけた際は「こんなところで暴れたら他のお客さんに迷惑どす」と言いながら両軍を制止したり、ひろしが仕事の関係者に出くわした際には名刺交換が終わるまで待ったりとある程度のマナーは弁えている(とはいえ、名刺交換を終えた直後に襲い掛かるというゲスな真似もしているが)。

終盤、玉を二つとも用意したことでヘクソンと共にジャーク復活の儀式を執り行おうとしたが、マン坊を出すふりをして拳銃を取り出しヘクソンを脅す。実はヘクソンと同じくジャークの力を独占する腹積りであり、本人曰く「これでも珠黄泉族の頭領、心に鍵をかけるくらいのことはできる」という理由でヘクソンの読心術を防いでいた(いわばヘクソンは本屋で立ち読みをしていたようなものらしい)。つまりこれみたいなものだろうか。
だが勝利を確信した事で再び隙を生んでしまい、マン坊を持ってヘクソンからしばらく逃げ回ったがしんのすけに「ヘイ、パスパス」と言われたことでうっかりしんのすけにマン坊をパスしてしまう。

その後は記事冒頭のセリフを言ってすっとぼけながら東松山よねに確保され御用となった。最後の最後でシリアスキャラに変貌かと思いきやギャグキャラのままであった。なおジャーク復活に立ち会った際はジャークが既に1,000年も玉を抜かれていたせいで唯のオカマと化していた事実を知った際には「アホらし…」と呆然としていた。

名前もキャラクターも中村玉緒がモチーフと思われる。

関連タグ

暗黒タマタマ大追跡 憎めない悪役

関連記事

親記事

暗黒タマタマ大追跡 あんこくたまたまだいついせき

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました