ピクシブ百科事典

相楽総三

さがらそうぞう

日本の歴史上における、幕末に活躍した実在の人物。また、モデルにした『るろうに剣心』『兵馬の旗』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

生年~没年:天保10年(1839年)~慶応4年3月3日(1868年3月26日)。江戸時代幕末にて活躍した人物で、赤報隊の一番隊隊長。尊皇攘夷派志士。本名「小島四郎左衛門将満」。

江戸出身。下総相馬郡(現茨城県取手市)の郷士小島兵馬の四男として江戸・赤坂に生まれる。息子に河次郎がいる。

慶応4年(1868年)1月、戊辰戦争が勃発すると赤報隊を組織して東山道軍先鋒として活躍。新政府軍に年貢半減令の建白書を提出して認められたが、新政府軍の方針変更によって赤報隊が偽官軍とされ、官軍参謀・進藤帯刀により、相楽は下諏訪宿で捕縛される。

同年3月、下諏訪で処刑。享年30。妻の照はこれを聞き、息子の河次郎を総三の姉に託し、総三の後を追って自殺した。後に総三の首級は地元出身の国学者で総三とも親交があった飯田武郷の手によって盗み出され、秘かに葬られた。

明治3年(1870年)、下諏訪に相楽塚(魁塚)が建立された。長い間、偽官軍の汚名を受けていたが、孫の木村亀太郎の努力により名誉が回復され、昭和3年(1928年)に正五位が贈られ、翌昭和4年(1929年)、靖国神社に合祀された。青山霊園立山墓地に墓所がある。

(一部『Wikipedia』より抜粋)。

なお、本人の写真は存在が確認されないが、息子の河次郎のは存在する。

『るろうに剣心』における相楽総三

詳しくは→相楽隊長

『兵馬の旗』における相楽総三

もう一人の主人公である村田新八郎と親交を作った場面があり、日本の未来について語っていた。後に史実どおり、新政府の陰謀により「年貢半減令」のお触書をなかった事にされ、偽官軍として処刑された。その首級を見た新八郎も慟哭し、助けられなかったことを悔やんでいた。また、相楽を慕う者も多く、新八郎に「相楽を助けてくれ」「嘘を言う男ではない」とせがんでいる者もいた。

pixivに投稿された作品 pixivで「相楽総三」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22278

コメント