ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

大きく手足を開き、画面左側あるいはカメラ方向へ銃を向けた見得切りポーズのこと。

機動戦士ガンダムSEED』タイトルバックに用いられたポーズであり、その後もガンダム関連の立体物で多用されたことからこう呼ばれている。

また「SEED撃ち」とも呼ばれている。


『SEED』ではエールストライクガンダムがOPでこのポーズをとっていたため、その印象が強い人も多いと思われる。

厳密に言うと前期OPでは画面左上に向かってビームライフルを構え、シールドを持つ腕は脇を締めて引いている。

ストライクガンダムと同じくビームライフルとシールドを装備したMSなら同じ様にこのポーズを決めることができ、武器のパースを効かせつつヒロイックでかっこいいイメージを見る人に与えることができる、言わば銃版勇者パースとも言える。

また剣を構えるポーズは「福田パース」と呼ばれている。


なおポーズを決める前に、大きく銃を振り上げる予備動作があるとなおそれっぽい。

『SEED』のOPでストライクガンダムがそういう動きをしているため+振り上げた瞬間にカメラを被写体に近づけ一気に引くことで迫力が出るため。

また、足が接地していないため、空中でなければとれないようなポーズでもある。

代わりに足の接地を気にせず足を広げることで「宙に浮いている」感を出すことができ、宇宙空間や空中などでは逆に自然なポーズとして成立させることができる。


現在では「カメラに向かって銃口を向ける」という似た構図のものがガンプラのパッケージや、ゲームの勝利ポーズ決めポーズなどで使われている。

ゲーム『VSシリーズ』ではエールストライクガンダムで勝利するとOPの再現としてこの決めポーズを見せてくれる。


映像作品では『SEED』以外ではあまり見られないポーズであるが、逆にガンダムビルドシリーズでは原典問わず様々なガンプラ達がこのポーズを取っている描写が目立つ。


ガンプラにおいては、2024年公開の『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』のメイン機体ライジングフリーダムガンダムイモータルジャスティスガンダムを筆頭に登場機体のHGに首・肩・胴を中心に広い稼働枠を設けた「SEEDアクションシステム」という種ポーズを完全意識したような機構が取り入れられている。


主題歌

機動戦士ガンダムSEED

前期オープニング『INVOKE-インヴォーク-』&『moment

エールストライクガンダム

ストライクっていいよね


後期オープニング『Believe』&『Realize

フリーダムガンダム

機動戦士ガンダムSEED -MMD Edition(仮)


機動戦士ガンダムSEED DESTINY

前期オープニング『ignited-イグナイテッド-』&『PRIDE

フォースインパルスガンダム

エンジェルダウン


後期オープニング『僕たちの行方』&『Wings of Words』&『vestige-ヴェスティージ-

ストライクフリーダムガンダム

センシティブな作品


関連イラスト

デスティニーインパルスガンダムAGE-2

ビルドストライクガンダムセンシティブな作品

ミホノブルボンのタイトル画面AILE STRIKE


関連項目

機動戦士ガンダムSEED 機動戦士ガンダムSEED DESTINY

ストライクガンダム フリーダムガンダム インパルスガンダム ストライクフリーダムガンダム

福田パース 勇者パース

サンライズ立ち 輝き撃ち ためらいを消し去るポーズ

関連記事

親記事

ポーズ ぽーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 170103

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました