ピクシブ百科事典

輝き撃ち

かがやきうち

輝き撃ちとは、「機動戦士ガンダム第08MS小隊」で登場するするモビルスーツの火器の撃ち方の一つ。
目次[非表示]

概要

主に「機動戦士ガンダム第08MS小隊」で見られるシールドを地面に突き刺し銃架として、その上からライフルで砲撃、狙撃する撃ち方の事。
呼び方の由来は同作品のOPテーマ「嵐の中で輝いて」から。08小隊に登場する機体のシールドは白兵戦を前提に設計されているため、岩盤上でも簡単に突き立てられるようシールドの先端が鋭利になっているのが特徴である。ガンダムだけに限らず量産機でも輝き撃ち(及びそれに近いもの、有力候補とされているもの)は行われている。

実際はどうなのか?

08MS小隊に輝き撃ちは存在しないと主張する者は多い。
そもそも、よく引き合いに出される輝き撃ちの由来になったOPのワンシーンではガンダムは膝を立ててなんかいないし(OPに膝を立てて180㎜キャノンを構えているシーンはあるが盾は存在していない)、180mmキャノンもシールドに乗っけてなんかいない(ちゃんと見ると画面の手前にシールドが刺さっているので180㎜キャノンとは触れ合ってないことが分かる)。
また、シールドは先端が3分の1程地面に刺さっているため、遠近感を無視して同じスケールだと仮定すると、ジム・ガードカスタムのような巨大な物となってしまう。
OPとは別にシールドを地面に刺しているシーンはあるものの、シールドの上で構えているシーンもない。

つまり、輝き撃ちなるものは08MS小隊に存在しないということである。

この撃ち方が何故08MS小隊及び陸戦型ガンダムの代表的なポーズとなったかについては諸説あるが、
原因の一つとして考えられているのは初代Gジェネである。

このムービーにおいては180㎜キャノンをシールドの上で構える陸戦型ガンダムの攻撃がある。
08MS小隊はOVAである、輝き撃ちはOPではそこまで印象的でもない一瞬のシーンであるという二つの点から考えると輝き撃ちをちゃんと見たという人がこのゲームだった可能性も高い。
SD体型だと違和感なくシールドの上に乗せることができてしまうのも影響していると思われる。

現在

公式のイラスト、書籍、及びフィギュアなどにおいては度々見られる構えとなっている。ただし、シールドの大きさの関係で膝立ち状態になっている(OPでも膝立ちでキャノンを構えている絵が存在するため、そこからの着想と思われる)。
特に、ガンプラにおいては旧式のガンプラでは技術が足りなかった。そのため、MGにおいてはライフルとシールドの距離稼ぎ用のアーム(通称輝き棒)を用意するという手の込みようである。
また、ガンプラや可動フィギュアでは当然、シールドを地面に突き刺して安定させることができないため、シールド側にバイポッドを展開できるようにして立てられるようにすることが多い(アサルトキングダムでは土台が用意されている)。

新たなHGUCにおいては、シールドを立てて劇中OPの印象的なポーズも再現可能となっている(シールドの上に構えるポーズもシールドを立てられるのもその存在は前述の通りである)。

どういうことなの・・・

また、この影響もあってか他のガンプラにおいてもシールドを立てられるギミックがつけられることもある。

機動戦士ガンダムTHEORIGINの外伝ククルス・ドアンの島において、
陸戦型ガンダムのバリエーション(厳密には違うが)と言えるガンダムFSDでは輝き棒まで備えた輝き撃ちが行われた(一応、ORIGINはTV版と異なる世界観でビームライフルによる狙撃なので違和感は控えめではある)。

なお、あまりにもネタにされすぎたせいか、プレミアバンダイのHG 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様) のサンプル写真において、ついに公式で遠近法を使った正しい輝き撃ちが再現された。

ファンの間では

このような非常に怪しい存在とはいえ、サンライズ立ち種ポーズのように、pixivのイラストでは、ガンダム作品に限らず、見かけることも多いポージングであり、その見た目、印象の良さは相当なものがあると考えられる。

また、この存在しないはずなのに公式が存在したという前提で頑なに推し進めていく姿勢も度々ネタにされ、OPの歌詞の「嵐の中で輝いて」に続く「その夢をあきらめないで」と絡められることもある。

ネタを含めて愛されているポーズだと言えるだろう。

pixivに投稿された作品 pixivで「輝き撃ち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69079

コメント