ピクシブ百科事典

空挺軍

べーでーべー

空挺部隊を核としたロシア連邦軍およびソビエト連邦軍の独立兵科。

空挺軍(Воздушно-десантные войска; 略称ВДВ)とは1930年代に創設されたソビエト連邦軍空挺部隊。独立兵科として存在する。
ソビエト時代では、ソ連空挺軍ソビエト崩壊後はロシア空挺軍と呼ばれている。
他国の空挺部隊と同様に選りすぐりの精鋭で構成された練度の高い部隊である。
ロシア連邦軍の精鋭部隊としては随一の歴史を誇っており、有事の際には真っ先に動員されるほか、特殊任務に従事する部隊を保有している。

部隊旗や兵科章は、「2機の輸送機の間にパラシュート」の図案。

ソビエト崩壊に伴い、ロシア地方の兵力はロシア連邦軍が継承したほか、ロシア以外のウクライナベラルーシといった国々の部隊は概ね各国の陸軍の傘下に入った。

空色ベレー帽と、縞模様のシャツ(テルニャシュカ/Тельняшка)がトレードマーク
軍服階級章や兵科章も、ベレー帽と同じ空色である。ソ連時代や、ソ連崩壊直後のソ連時代と同等の制服を着用していた頃はやや色味が濃い空色だったが、2000年頃から明るい色調となった。

ロシア連邦では、8月2日が「空挺軍の日」と定められており、同日にはロシア各地で空挺軍の現役兵や退役軍人向けの式典やイベントが開かれる。
この日は、ロシアの空挺兵が初めて降下を行ったとされる 1930年8月2日 に因んだ由緒ある記念日だが、空挺軍の兵士(含退役軍人)が全土で「を呑んで暴れる」「噴水に飛び込む」「噴水で泳ぎだす」などの奇行に走る日として有名だという。(スプートニクより)
曰く、精鋭部隊の兵士が徒党を組んで暴れるため、民警はおろかOMON(ОМОН)ですら手に余ることがあるとか…


Pivixでは、ラテン文字表記のVDVのタグを使用する事が多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「空挺軍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1656

コメント