ピクシブ百科事典

第442連隊戦闘団

だいよんよんにれんたいせんとうだん

第442連隊戦闘団とは、第二次世界大戦時にアメリカ軍において日系人のみで編成されたアメリカ陸軍史上最強部隊。
目次[非表示]

概要

士官を除く全ての兵士が日系人(ただし韓国系アメリカ人1名を含む)で構成された部隊。周りからの差別と偏見と戦いながらアメリカに忠誠を誓い、ヨーロッパ戦線に投入された時は、「"Go for broke!"(「当たって砕けろ!)」を合言葉の元、枢軸国相手に奮闘し激戦ぶりは死傷率314%を示し、アメリカ合衆国史上、もっとも多くの勲章を受けた部隊である。別名をパープルハート・バタリオンとも言う。

結成

1941年12月8日、日本軍が真珠湾を攻撃すると、アメリカでは日系人に「敵性国民」のレッテルを貼り、大勢の日系人を全米10カ所の収容所に強制移住させた。しかし、同じ敵国のドイツ系、イタリア系のアメリカ人に対して大がかりな強制収容はほとんどされなかった。それに対して大日本帝国は、「アジアの白人支配からの打倒」を謳い、アメリカでの日系人の強制収容を「白人の横暴の実例」として宣伝していた。アメリカはそれに反駁する必要に迫られ、日系人の部隊を編制することになった。
翌年に、ハワイの日系二世で編成された第100歩兵大隊が誕生し、更に翌年に強制収容所で志願兵で編成した第442連隊戦闘団が誕生した。

ヨーロッパへ

第442連隊戦闘団は、周りから差別の目で見られ、ヨーロッパ戦線で投入された当初は「弾除け」としか見られず、最前線に配置された。しかし、この差別が、逆にアメリカへの忠誠につながり、初陣から大活躍することになった。それから、損害を出しながらも次々と戦果をあげ、イタリアのローマ解放ために激戦地モンテ・カッシーノでの戦闘にも従事し、ローマを目指すが、軍上層部の意向によりローマを目前にして停止命令が出され、後続の白人部隊が先に入城してローマ解放の栄誉を手にした。部隊はローマに入ることを許可されず、ローマを迂回しての北方への進撃を命じられるという差別を受ける。

テキサス大隊救出作戦

その後も休む間も無く各地で転々と戦うが、ボージュの森でテキサス大隊211名がドイツ軍に包囲されていたという情報が届く。そこで、ルーズベルト大統領から直接救出命令が下り、ボージュの森でドイツ軍と激しい戦闘をした末、テキサス大隊211名を救出する。しかし、第442連隊戦闘団はその4倍の死傷者を出し、割り合わない結果となる。救出後、テキサス大隊の少佐が軽い気持ちで連隊を侮蔑する発言したため、442部隊の一人の少尉が激怒して掴みかかり、少佐は謝罪して敬礼した。この戦闘は後にアメリカ陸軍の十大戦闘に数えられるようになった。

その後

それから、第442連隊戦闘団はイタリア戦線に呼び戻され、ドイツ軍最後の防衛線「ゴシックライン」に投入される。そこは、2個師団が半年かけても落とせなかった難攻不落の防衛線だったが、第442連隊戦闘団はわずか30分で落とすという名実ともに最強であることを示した。その後、終戦を迎え、ワシントンに凱旋した442連隊の表彰式が行われ、トルーマン大統領は連隊を直接出迎え、「君たちは敵と戦っただけでなく、偏見と戦い、そして勝った。この戦いを続ければ、常に万民が幸福であれ、と憲法でうたうこの偉大な共和国が、幸福の象徴としてありつづけるだろう」と称えた。ちなみに、大統領から直接出迎えられた米軍部隊は、第442連隊戦闘団だけであった。
部隊は1946年に解散したが、戦後もアメリカ白人の日系人への人種差別に基づく偏見は変わらなかった。部隊の解散後、アメリカの故郷へ復員した兵士たちも、白人住民から敵視・蔑視に晒され、仕事につくこともできず財産や家も失われたままの状態に置かれた。

しかし、日系人はその勤勉さと教育熱心さで経済的にも成功した者が多く、戦後も粘り強くその地位を向上させる。1960年代の公民権運動の後、人種差別政策が次々と撤廃され、日系人は「模範的マイノリティー」と賞賛されるようになっていった。ヨーロッパ戦線の活躍により現在のアメリカ陸軍では、第442連隊戦闘団の歴史を学ぶ授業は必修課程となっている。

関連タグ

アメリカ軍 ダニエル・イノウエ
プライベート・ライアン(テキサス大隊救出作戦をモデルに作られた映画)
戦場のヴァルキュリア3(この部隊がモデルだと思われる422部隊がある)

pixivに投稿された作品 pixivで「第442連隊戦闘団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3672

コメント