ピクシブ百科事典

細切れにしてやる!

こまぎれにしてやる

説明するまでもなく、相手に対する脅し文句・宣言である。一般的には海外から輸入された吹き替えアニメでよく聞かれる台詞で、主に『ミッキーの巨人退治』や『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』の日本語吹き替え版の台詞としてよく知られている。
目次[非表示]

概要

ここでは有名な二例を挙げていく。

ミッキーマウスの「細切れにしてやる!」

『ミッキーの巨人退治』(1938公開)の日本語吹き替え(青柳隆志版)における台詞。

しがない仕立て屋のミッキーはハエ叩きを二つ使い、ハエを7匹を同時に退治するという神業を見せる。それを巨人退治のお触れで盛り上がる近所の人に自慢したところ、「ミッキーは巨人を7人も退治した」という話と勘違いされ、それがあろうことか王の耳にまで伝わってしまう。

王の前に呼ばれたミッキーは同じく自慢をするが、実は巨人退治の話と聞いてビックリ。破格の報酬を提示されても渋り続けるが、ミニー姫の熱烈なキスに舞い上がってしまい、その勢いで巨人退治を引き受けてしまう。

この時に出た台詞こそ
「よーし、奴を細切れにしてやる!」
である。

よく音MADなどでネタとして使用される台詞だが、実はれっきとした公式の台詞だったりする。所謂夢の国のお裁きで「細切れにする」という意図のものではないのだが、元ネタを知らない人にはこっちの怖いネタの方で浸透してしまっている。

トランスフォーマーの「細切れにしてやる!」

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第6話「SOS!サイバトロン」における一幕。

複数のデストロンと交戦していた司令官のコンボイを救援すべく駆け付けたサイバトロン戦士達。その中でも特に血気盛んなアイアンハイドが、つい放ってしまった怒りの暴言。

「デストロンめ、よぉーし、引きずり下ろして細切れにしてやる!」

あのイケメンボイスで有名な速水奨氏の声でこんな物騒な台詞が飛び出すのだから驚きである。

サイバトロンにとってデストロンは話し合いの余地のない悪辣な集団であり、ストリークのようにデストロンに対して深い憎悪を抱く者も少なくないことからサイバトロン達はデストロンに対してかなり攻撃的な台詞を投げかけている。ちなみにこれも数多の中の一つでしかなく、『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』に登場するサイバトロンはこの他にもかなり血の気の多い台詞で有名である。

所謂赤いサイバトロンの台詞としては非常に有名。

関連項目

迷言 セリフ
ミッキーマウス
戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー アイアンハイド

pixivに投稿された作品 pixivで「細切れにしてやる!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 542

コメント