ピクシブ百科事典

義母と娘のブルース

ぎぼとむすめのぶるーす

義母と娘のブルースとは、桜沢鈴の漫画作品およびTBSで放送されたテレビドラマの事である。
目次[非表示]

はじめまして。あなたの義母 (はは) に就職します。

私の養母 (はは) は、完全無欠のキャリアウーマン
でした・・・

概要

仕事一筋のバリバリのキャリアウーマン亜希子と、その結婚相手の娘であるみゆきとの日常と家族の絆を描いた笑いあり涙ありのヒューマン四コマ漫画。
通称は「ぎぼむす」
2018年7月に綾瀬はるか上白石萌音主演でドラマ化された。TBS系列の「火曜ドラマ」枠(火曜22:00-23:07)で7月10日から9月18日まで放送された(8月28日は2018年アジア競技大会をインドネシアのジャカルタとパレンバンから中継したため休止)。
主題歌はMISIAの「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)

あらすじ

大企業の部長でバリバリのキャリアウーマンとして働く岩木亜希子は、ひょんなことから知りあった宮本良一と結婚し、彼の一人娘・みゆきの養母となる事に。キャリアウーマンとしてのお堅い所業が抜けない亜希子を、みゆきは受け入れられず反発する。
そんな不器用な義母と娘が『家族』になるまでの、笑って泣ける切磋琢磨ストーリー。

主な登場人物

一部ドラマ公式サイトとWikipediaから。

岩木亜希子(いわき あきこ)→宮本亜希子(みやもと あきこ)

演:綾瀬はるか
本作の主人公。32歳という若さながら大企業の部長にまで登りつめたスーパーキャリアウーマン
終始ひっつめ髪にメガネ、リクルートスーツにパンプススタイル。
ある理由からライバル企業の社員、宮本良一と知りあって結婚し、一人娘のみゆきの養母となる。
この歳まで仕事一筋だった事もあり結婚当初は家事能力が全くない上に子供との接し方も分からず、娘のみゆきにも初対面時はふりがな付きの名刺や履歴書を渡す機嫌取りに腹芸や土下座をするなど仕事の所業が抜けない。
みゆきが高校に進学したのを機に、麦田章のパン屋にパート勤務し、キャリアウーマン時代の経験を生かして業績を改善させる。
ドラマではトップシェアの金属会社「光友金属」で働く33歳のキャリアウーマンだったが退職。小学校運動会のプログラム進行を一人で行う、良一に代わり桜金属工業に出勤してプレゼンを行うなど、かつてのキャリアウーマンを彷彿とさせる動きを見せる。
良一の死後は貯金とデイトレードで生計を立てていたが、みゆきの高校進学を機に「ベーカリー麦田」でパート勤務を始め、第8話では店をいったん閉店してリニューアルオープンを提案する。

宮本みゆき(みやもと みゆき)

演:上白石萌音(高校生以降)/横溝菜帆(幼少期)
良一の一人娘。再婚により亜希子の義理の娘となる。
キャリアウーマン故の奇行を繰り広げる亜希子に反発ばかりする。
良一の葬儀の際に初めて亜希子を「おかあさん」と呼ぶようになる。
箸使いと姿勢はビジネスの基本であることを教わったものの、勉強が苦手。亜希子が一般常識をビジネス用語で教えてしまい、学業で役に立たないが、ビジネス用語に詳しくなる。
ドラマでは亜希子と初対面時点で8歳の小学3年生。亜希子のことを「亜希子さん」と呼んでいたが、良一の葬儀で亜希子が良一を愛していたのを知り「おかあさん」と呼ぶようになる。高校進学後には良一譲りののんびり屋に。成績や進路に悩むようになったが、「ベーカリー麦田」のリニューアルを手伝っているうちに経営に興味を持ち、大学に合格する。

宮本良一(みやもと りょういち)

演:竹野内豊
亜希子の会社のライバル企業に勤める社員で、彼女の結婚相手。前妻とは死別しており、男手ひとつで娘のみゆきを育ててきた。余命わずかであるため、みゆきを託せる相手を求めて亜希子と再婚する。
おおらかで人柄の良い性格だが、亜希子と比べると会社員としてはいまひとつ
再婚からしばらくたち、病気が悪化して亡くなる。
ドラマで光友金属のライバル「桜金属工業」に勤める社員だった。スキルス性胃がんを患い、みゆきを託すために亜希子と再婚する。第5話で亡くなった。享年46。

麦田章(むぎた あきら)

演:佐藤健
宮本家の近所にあるパン屋の店主。腰を痛めて隠居した父から店を継ぐものの、店の売り上げが伸びなかった。その後雇った亜希子とともに店を立て直す。
漫画ではパン屋の名前が「フランセ」、ドラマでは「ベーカリー麦田」となっている。
ドラマでの麦田は店を継ぐ抵抗感から職を転々としたがうまくいかず、「ベーカリー麦田」を継ぐ。当初は亜希子に反発していたが、徐々に信頼するようになり、亜希子とともにパンの改良に取り組む。

ヒロキ

演:井之脇解(高校生以降)/大智(幼少期)
みゆきの小学校のクラスメイト。みゆきを心配してちょっかいをかけるようになったものの友人関係に。しかしあることを機に絶交してしまう。高校生になってからみゆきとの交友を再開する。
ドラマでは黒田大樹(くろだ ひろき)とフルネームになっている。みゆきを「ブス」と呼んでからかっていたが、実はみゆきを心配していた。みゆきは「デブ」と返すようになる。みゆきに「2度と近づかないで」と言われた後に近づかなくなったが、高校生になってからは大学医学部を目指しており、みゆきの家庭教師役を務める。特技のデータ分析を活かしベーカリー麦田のリニューアルに協力する。

ドラマ放送リスト・視聴率

視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・世帯・リアルタイム

話数サブタイトル視聴率
第1話33才独身部長女子が突然の義母宣言!私は貴女に就職します!11.5%
第2話最愛の娘の家出!?そして私は制服を脱ぐ!11.3%
第3話夫が私に解雇通告!?これが私の生きる道。PTAを全面廃止12.4%
第4話私たちは契約結婚か!?最愛の娘と夏の奇跡…夫が決めた愛のカタチ12.2%
第5話絶体絶命!夫が入院、夫婦で戦う大修羅場!私、再就職します!?13.1%
第6話第二章スタート!父の愛がつなぐ10年〜新たな出会いと奇跡13.9%
第7話絶体絶命大ピンチ!!娘の犯行と私の解雇!?再就職先は倒産寸前15.1%
第8話就職先の最終決戦!完全復活の味は親の味!?娘の意見承ります15.5%
第9話大決断な愛の告白!私の愛の最終選択か!?二人で歩んだ9年間17.3%
最終話完結〜さらば義母!愛が起こす奇跡の果て、私は娘を愛してます19.2%
平均視聴率14.2%

関連タグ

TBS

外部リンク

火曜ドラマ『義母と娘のブルース』 - TBS内ドラマ公式サイト
火曜ドラマ『義母と娘のブルース』Twitter
義母と娘のブルース - Wikipedia

関連記事

親記事

TBS てぃーびーえす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「義母と娘のブルース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1720

コメント