ピクシブ百科事典

自爆スイッチ(遊戯王)

じばくすいっち

遊戯王OCGに登場する通常罠カード。

カードテキスト

通常罠
自分のライフポイントが相手より7000ポイント以上少ない時に発動する事ができる。
お互いのライフポイントは0になる。

概要

髑髏マークのスイッチを今まさに押さんとする手が描かれたイラストとカード名が全てを物語る通常罠カード。発動した瞬間、お互いのプレイヤーのライフポイントがどんなに残っていようと問答無用で双方「0」にするという衝撃の効果を持つ。

「絶対に負けたくない」状況でこそ真価を発揮する、ある種の切り札。ただし発動条件は自分が7000以上のライフ差で負けている場合というなかなかの難題であり、普通にデュエルしているなら余程一方的な展開にならない限りまず発動条件は満たされない。相手のライフが7000以下になれば絶対に発動できないし、そうでなくても相手がダメージを受けるほど(もしくはカードのコストなどでライフを削るほど)、そしてデュエル開始から時間が経てば経つほど必然的に発動のハードルが上がっていく。1ターンで累計10000以上のライフダメージが叩き出される例さえ少なくはない現在の遊戯王OCGの環境において、相手の力だけに依存してこのカードを発動させるのは至難の業である。

よって、このカードを活用するつもりなら、「こちらから相手のライフポイントを回復させる」「自分のライフポイントを能動的に操作する」といった工夫を凝らす必要がある。前者で言えば成金ゴブリンギフトカード、後者なら光の御封壁究極・背水の陣などを使って一気にライフポイントを操作し、相手が本格的な行動を起こす前に7000のライフ差を自分で築いてしまうのだ。そしてそのまま自爆スイッチを発動させてゲームエンド、というのが理想的な流れである。
しかし、いきなり自ら7000ものライフ差を開けたりするのは、相手側にこのカードの発動を狙っていると宣言しているようなもの。第一こんな極端で難儀な発動条件を持っている罠カードなんて数える程度しか存在しないのだから。もしこのカードの発動や効果を阻止された場合は絶望的なライフ差のまま普通に勝利を狙いに行く羽目になる。また、発動する前に仕込みマシンガンなどであっさりこちらのライフを削り切られて敗北する可能性もある。

そしてこのカードの最大の難点、それは他のどんなカードとのコンボを試みてもこのカードを絡めて「勝利」を掴むことはできないこと。このカードの効果によるライフ操作は「ダメージ」ではなく「0にする」もの。無効化する手段は罠カードの効果そのものを封じるしかなく、ましてや自分のライフ操作だけ無効化する手段など一切無い。仮に今後そんなカードが出てきたとすれば、そのカードか自爆スイッチが禁止カードに指定される以外の未来は無いだろう。「敗北」はしないが「勝利」も決して得られない。あくまでデュエルの結果は「引き分け」に終わる。
もう一度言おう。このカードは「絶対に負けたくない」デュエルでこそ真価を発揮するカードである。

因みに公式ルール上では禁止カードとして規制されてはいないが、大会によっては禁止カード扱いとなっている場合もある。また、友人と普通にデュエルする場合、このカードによるゲームエンドほどつまらない結果はなかなか無い。そういった意味でも使いどころの難しいカードである。

余談だが、一部のゲーム作品においては同作内に存在するオリジナルのカードと併用することで、自爆スイッチでの「勝利」が可能である場合がある。また、NIGHTMARE TROUBADOURではストーリー上であるデュエルを引き分けに持ち込まなければならないイベントが発生し、そのデュエルに挑む前に一つの手段として闇遊戯からこのカード(と、エラッタ前の破壊輪)を提示され、託される。

pixivに投稿された作品 pixivで「自爆スイッチ(遊戯王)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115

コメント