ピクシブ百科事典

花のあすか組!(ドラマ版)

はなのあすかぐみどらまばん

ここでは、高口里純作のアクションコミック「花のあすか組!」のテレビドラマ版に関して述べる。
目次[非表示]

あすか組見参!

概要

東映少女ドラマシリーズの第6作目に当たり、1988年4月11日から9月26日にかけてフジテレビ他で全23回が放送された。制作は東映東京撮影所。原作の全国中学裏番長連合編を映像化し、同年夏に公開された同名映画のプロモーションも兼ねていた。

これまでの木曜夜7時半枠から月曜夜7時半枠へ放送枠を変えて再起を図るも、ローカル枠だった為、遅れネットをはじめ、ローカル帯再放送枠での後日纏めて放送や、未放送が発生している。
この作品を以て東映少女ドラマシリーズは終了。

過去シリーズとの違い

過去の東映少女ドラマシリーズとは以下の点が違っていた


等の新機軸でシリーズの新たな潮流を作ろうとしたが、如何せんローカル枠の放送だった為、遅れネット、纏めて放送、未ネットの地域が多く、当初より2クール半年の放送予定だった(逆を言えばヒットしていたら放送延長の可能性もあった)とは言え、意図通りには行かなかった。また、裏番組の「(雪印アワー・板東英二の)わいわいスポーツ塾」(TBS系列局)の存在も大きかった。
スケバン刑事シリーズが宇宙刑事シリーズ、少女コマンドーIZUMI巨獣特捜ジャスピオンなら、本作は時空戦士スピルバン(シリーズ集大成)か超人機メタルダー(新機軸を打ち出すも、メタルダーは打ち切られた)と言った趣か。

キャスト 

  • 九楽あすか:小高恵美
  • 堂本美子:小沢なつき ポップコーンを武器に使う最後の2号キャラ
  • 香月はるみ(ドラマオリジナルキャラ):石田ひかり 最後の3号キャラだが、戦闘より知略がメインで、あすか組の鎹の様な存在。
  • 九楽今日子(あすかの):石井めぐみ
  • 九楽昨造(あすかの):佐渡稔
  • 篠宮余一郎(あすかの祖父にして恩人):加藤武
  • ひばり:佐倉しおり 言わずと知れたラスボス。
  • ナレーション:中西龍


余談

第13話で、映画版のあすかがドラマ版の世界へタイムスリップ(または次元転送)し、夢の共演を見せた一方、ドラマ版のあすかと映画版のあすかとの関係は視聴者の解釈に委ねられる。

関連タグ

ドラマ
花のあすか組!

花のあすか組!(映画版)・放送が後半の88年8月に公開されたが、時代設定等は別物である。
少女コマンドーIZUMI:前々作で東映少女ドラマシリーズ第4作目。視聴率不振で打ち切られた。
藤子不二雄の夢カメラ:前作で東映少女ドラマシリーズ第5作目。「少女コマンドーIZUMI」打ち切りを受けて制作された。
東映少女ドラマシリーズ

関連記事

親記事

東映少女ドラマシリーズ とうえいしょうじょどらましりーず

兄弟記事

コメント