ピクシブ百科事典

荒野の少年イサム

こうやのしょうねんいさむ

原作:山川惣治・作画:川崎のぼるによる日本の漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメである。
目次[非表示]

概要

原作:山川惣治作画川崎のぼるによる日本の漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメである。

漫画は、集英社の『週刊少年ジャンプ』誌上において1971年38号から1974年2号まで連載。圧倒的な作画や小道具、そして暴力描写、奴隷差別。今となっては過激すぎる作品であったが週刊少年ジャンプ45周年企画によりまさかの復刊を遂げた!

アニメ版は1973年4月4日から1974年3月27日までフジテレビとその系列局で放送。
日本初のテレビアニメによる西部劇を行った作品でもある。

あらすじ

西部開拓時代のアメリカに、1人の日本人がやってきた。彼の名は渡勝之進。そこでインディアンの娘サクラと出会った勝之進は彼女と結婚し、1人の男の子を授かった。「イサム」と名付けた。しかし勝之進とイサムは、はぐれてしまう。
赤ん坊のイサムは、砂金収集場ロッテン・キャンプに出稼ぎしていた人々に育てられる。人々は添えられていた衣類から日本人だと気付き、日本の子=太陽の国の子=サン・ボーイ・イサム、と愛される幼少期を過ごす。

だがロッテン・キャンプが大嵐で壊滅した時、彼は強盗団のウインゲート親子に拾われた。
西部の無法者ウインゲート、その息子のレットー・ネッド兄弟は、イサムに拳銃の取り扱いと乗馬技術を厳しく教え込む。やがてイサムは天才的なガンマンに成長していった。ウインゲートは少年ガンマンという存在を悪事に利用するつもりだった。しかしイサムはどうしても人殺しが出来ず、拳銃の師匠であるウインゲートに恩を感じつつも、一家と別れていく。
拳銃は使う人の心次第で神の道具にも悪魔の道具にもなる……!

流浪のイサムは、黒人アウトローのビッグ・ストーンと知り合い、彼から渡勝之進の話を聞く。だがイサムは父と気付かずに勝之進と出会い、柔道を教わったのに、名前を言わないまま別れていたのだ。行き違いになった父を探すイサム。
その一方で、白人を激しく憎んでいるビッグ・ストーンは、それ以上に母の仇であるウインゲートを探して仇討ちをする為、イサムを追っていく。

登場人物

キャラクター声優
渡イサム神谷明
ウインゲート加藤修
レットー家弓家正
ネッド村越伊知郎
ビッグ・ストーン小林清志
渡勝之進島宇志夫


ナレーター桑原毅

関連

少年ケニヤ:山川惣治の代表作

関連動画

関連記事

親記事

週刊少年ジャンプ連載終了作品の一覧 しゅうかんしょうねんじゃんぷれんさいしゅうりょうさくひんのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「荒野の少年イサム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1011

コメント