ピクシブ百科事典

蒲の穂とは、などの水辺に生える「ガマ)」(ガマ科ガマ属の多年草)という植物の「」(長い茎の先にがたくさん付いている部位)のことである。
日本神話の一節である「因幡の白兎」の話に出てくることで有名である。
利用法としては、花粉の部分(「蒲黄」と呼ばれる)がになるほか、穂綿の部分は火起こしの際に着火させて火種にできる。

ちなみに、この蒲の穂に似ていることが名前の由来となった食べ物が「かまぼこ」である。
ただし、当時のかまぼこは現在の「ちくわ」にあたり、現在ではかまぼこといえば板かまぼこを指すため、今では蒲の穂とかまぼこは似ていない。
現在ではその色合いや形状をソーセージに例えられる事が多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「蒲の穂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7795

コメント