ピクシブ百科事典

蓮見琢馬

はすみたくま

「ジョジョの奇妙な冒険」第4部の外伝小説「The Book」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

ジョジョの奇妙な冒険」の第4部『ダイヤモンドは砕けない』の本編その後での出来事を描いた小説版「The Book」の主人公。

4部の主人公・東方仗助たちと同じぶどうヶ丘高校に在籍している2年生。17歳。
一人称は「俺」。いつでも学ランを着ており、胸ポケットに万年筆を指している。
常に無表情で、感情のこもらない無機質な喋り方をする。
体格は貧弱。右肩に馬のような形の痣と両腕に赤い爪痕がある。

ネタバレ

経歴
誕生は1982年6月頃だと思われる。生後間もない頃に神社の境内に捨てられ、施設で育った。
一歳頃まで預けられていた乳児院のあった蓮見地区から苗字を、上述の馬の形の痣から名前を琢馬と名付けられた。
類稀な抜群の記憶力を持つ。その記憶を好きなように正確に呼び起こすこともできるが、それは良い記憶ばかりだけでなく、事故や病気、嫌なものを見たときの記憶も、ふとした時に呼び起こしてしまうため、次第にその良すぎる記憶能力に悩まされ、小学4年生の頃、自殺を試みた際にスタンドが発現した。本人がスタンドを制御できるようになってからは、記憶する事柄をある程度の取捨選択ができるようになった。

ある時、自分の能力によって、自身が母親の胎内にいたときの記憶を見て、母親が自分の父親に当たる男に一年もの間ビルの隙間に監禁されたうえ、そこで命懸けで自身を出産し、母親自身の脱出は出来ず、そこで死亡したことを知る。
それからというもの、自分の父親に当たるその男への「復讐」をするために生きてきた。
個人的に自分のルーツについて調べていくうちに、母親の名前が「飛来明里」という名前で行方不明者としての届けに出されており、母親の両親で自身の祖父母に当たる家の場所についてや、母親を罠に嵌めた女・織笠花恵について、自身の父親に当たる男・大神照彦が双葉という女性と結婚して双葉照彦と苗字が変わり、自分とそう歳の変わらない娘がいることを調べ上げた。

しかし、織笠が自分について探っていることに気付き、止むを得ずスタンドを発動して殺害した。
織笠の飼い猫が、飼い主の血に塗れた状態で外に出てしまったため、たまたま猫に関わっていた岸辺露伴広瀬康一が遺体を見つけてしまい、彼らから追われる身となってしまう。

自分に疑いを持った仗助を能力で殺害しようと試みるが、誤ってその母親の東方朋子を殺しかけてしまい、仗助の能力で助かったが、完全に目を付けられてしまう。

スタンド「The Book」
自分の記憶が書かれた茶色い革表紙の「本」。器物型のスタンド。
『The Book(ザ・ブック)』という名前は、終盤において虹村億泰と交戦した際に、彼のスタンド「ザ・ハンド」を参考に付けられた。
スタンドであるため、いつでも手の中に出したり、また消したり出来る。
ただし琢馬の体から30m以上離れると自動的に消えてしまう。

琢馬が傷つくとThe Bookも傷つくという点はスタンドの基本的な性質に沿っているが、本からページを切り離した場合は琢馬にはダメージがなく、そのページも30m以内であれば消えずに残る。
本の厚みは実在する紙での380ページほどだが、The Bookのページ数は無限。
どこまでめくっても白紙のページが続いている。
なおこの「380ページほどの茶色い表紙の本」という特徴はこの小説のハードカバー版の特徴でもあり、本文中にはその特徴を活かしたメタフィクショナルなギミックが盛り込まれている。

本の中には琢馬自身が生まれてから現在までのあらゆる記憶が現在進行形で綴られている。
言わばこの本に記憶を「移す」ことによって、琢馬は自分の記憶能力に悩まされる日々から開放された。それは「記憶」と「思い出」を切り離すとも表現されている。

特定の過去の出来事に該当するページを読み返すことで当時の状況を完璧に思い出し、まるでその時間にタイムスリップしたかのように自身の中で「再現」することができる。
そのため、どんなに些細な記憶であっても琢馬に思い出せない出来事は基本的に存在しない。
音楽のような視覚以外の情報であっても全て文字に置き換えられて保存されるため、そのページを読み返せば音楽プレーヤーのようにその曲を聴いて楽しむことも出来るという。

この「再現」は本の内容を読んだと同時に強制的に行われる。そのため、琢馬は苦痛を負ったときの記憶などは【禁止区域】と定め、目に触れないようにしている。
また「The Book」を他人が読んだ場合、その他人にも「再現」が行われる。
琢馬はこの現象を、本に書かれている文章への「感情移入」と表現した。敵へ【禁止区域】のページを読ませる、などといった方法で攻撃に使うことが出来る。
なお「読んだ」といっても、読者が内容を理解する必要はなく、本文の内容が視界に入っただけでも効果を発揮する。

スタンド使いには見えないが、あくまで本を認識できないだけであり、その視界の中にThe Bookの文章が入れば「再現」が行われる。

琢馬本人の経験に依拠しているため、即死級のダメージを与えるようなことはできないが、「危うく死にかけた」「すぐに手当てをしなければ死んでいた」というような経験を読ませることで死に至らしめることは可能。

関連項目

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない TheBook 
ジョジョの奇妙な冒険(本編以外)・スタンド一覧

関連記事

親記事

TheBook ざぶっく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「蓮見琢馬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29002

コメント