ピクシブ百科事典

週刊金曜日

しゅうかんきんようび

週刊金曜日は、日本の株式会社金曜日が発行する週刊誌である。
目次[非表示]

この雑誌1993年に元朝日新聞記者や反戦活動家、評論家等が集まり、読者からの出資を募り創刊された週刊誌であり、販売形式としては書店での販売よりも定期購読が主である。なお、正式名称は金曜日である。
 スポンサーなどにおもねらずに市民の立場から主張できるジャーナリズム、権力監視し物申せるジャーナリズムを目指して創刊された。
 内容としては一般的にリベラル左翼的な論調で知られ、現在の政権与党である自由民主党や、不正を行っていると編集部がみなす企業に対し、常に厳しい姿勢で批判している。

概要

 この雑誌は平成4年廃刊となった朝日ジャーナル( 朝日新聞社がかつて発行していた週刊誌であり、報道・解説・評論をメインとして取り扱った )の後継として読者より出資を募り平成5年に定期購読専用の雑誌として月刊誌で発売。同年購読者の増加により週刊誌となる。
 当初は一部の書店売りを除き定期購読のみであったが、1990年代後半からは書店売りや図書館への購入、月払いの定期購読( この場合定価になる )にも力を入れていると思われる。

内容

 「権力腐敗する、そのため監視が必要」という考えにより日本アメリカ合衆国政府だけでなく、中華人民共和国ロシアに対する批判も行っている。したがって格別に「反米」「親米」「親露」といった外交上のスタンスは見受けられない。

 ただし会社設立等の経緯より読者革新思想を持つものが多いため、読者に迎合する一面も見られる。
 また、大韓民国の進歩派系日刊新聞『ハンギョレ』( 日本語版 )と提携関係にあり、同紙が取材したライダイハン問題や従軍慰安婦問題歴史教科書問題など、日韓関係や韓国の保守派への批判記事をしばしば転載している。

会社に関して

 また、会社自体はこの雑誌のほかに雑誌の連載等をまとめた書籍も出版販売しており、有名なものは買ってはいけないシリーズ( 有名企業の商品に関して危険物質などを含有しているなどの情報を記載した書籍 )や、巨大企業の正体( 企業業界タブーなどを記述した書籍、トヨタ電通三菱重工日本航空セブンイレブンなどが槍玉に挙げられた )があげられる。

関連タグ

フライデー講談社発行の週刊誌。タイトルの類似だけで関係はない。

外部リンク(参照元)

公式
wikipedia:同項目

コメント