ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

物語本編開始の約15~16年前(推定)、帝政ロシアのウラジオストクで写真館を営んでいた日本人写真師。後にキロランケの回想に登場した。

現地の女性であるフィーナと結婚しており、生まれたばかりの娘・オリガと3人で静かに暮らしていたが、ある日3人のロシア人が「日本語を教えて欲しい」と彼の元を訪れる―――。

劇中での活躍

※ここから先は18巻以降のネタバレを含みます









ウイルク、ユルバルス(キロランケ)、ソフィアの3人は、1881年のロシア皇帝アレクサンドル2世爆殺事件後、その首謀者としてロシア全土に指名手配されながら十年以上の逃亡生活を送っていた。
やがてウラジオストク近郊の農家に潜伏した3人は、それぞれ「グリゴリー」「フィリップ」「ゾーヤ」という偽名を用いて現地人を装い、後に日本へと入国するための準備として日本語を身に付けるべく、近くに住む幸一と接触。およそ数ヶ月の間、彼から日本語を習いながらその妻子とも家族ぐるみの付き合いを行い、しばしの平和な時間を享受する(ただソフィアだけは日本語にあまり興味が持てず、中々身に付かなかった模様)。

だが、とても農民とは思えないほどの知識や教養を覗かせるグリゴリー(ウイルク)、また本来はロシア上流階級しか用いないはずのフランス語が時折言葉に混ざるゾーヤ(ソフィア)の様子などから、幸一は次第に彼等の素性を訝しみ始める。

そんなある日、彼は街中にばら撒かれた指名手配ビラを拾う。


正体

やがて日本語を身に付けたウイルク達が日本へ渡る算段を固め始めた頃、いつものように幸一の元を訪れると、彼から「もうここへは来てはいけない」と追い返される。幸一はその日、妻フィーナに対しても娘オリガを連れて、自分が迎えに行くまで実家に帰っているよう命じたばかりであった。

その時、見知らぬ男が長谷川写真館を来訪。それがオフラーナ(秘密警察)であることを瞬時に見抜き、また写真館が既に彼等によって包囲されていることに気付いたウイルク達は、彼等が自分達を追ってきたものと確信し、直ちにその男を拿捕。
しかし、尋問を加えると「我々は日本人を捕まえに来た」という。

実は、幸一の正体は写真師を装いながら現地で諜報活動を行っていた日本軍のスパイであり、秘密警察の狙いは彼であった(キロランケの推測によると、同じくロシアに潜伏していた他の日本人スパイが捕らえられた際に幸一の存在が明るみに出た模様だが、真相は不明)。
ともあれ同じく追われる身であるウイルク達は幸一と共闘、彼がカメラの土台の中に分解して隠し持っていたマシンガンも用いながら、包囲する秘密警察官達を増援を呼ばれる前に全員返り討ちにする。

しかし、林の中に逃げる一人をソフィアが追いかけて射殺後、遺体を調べに駆け寄ると、近くにそれとは異なる倒れた人影を発見。
それは、実家への帰路の途中で同じくウイルク達の指名手配ビラを拾い、幸一の身を案じ慌てて写真館へ引き返したフィーナが、一発の流れ弾によって腕に抱く娘オリガと同時に体を貫かれた姿であった……。

オリガは即死、フィーナも既に虫の息で手の施しようのない状態の中、絶望に暮れるソフィア達に、幸一は妻子を抱きながら一言「早く行きなさい」と告げる。
しかしその容貌は、背筋の凍るような冷徹なものだった―――。



キロランケよると、彼等が幸一の姿を見たのはそれが最後であったという。
だがこの一件は、3人の心に消えない十字架を背負わせることとなった(特にソフィアは、フィーナ達を誤射したのは自分であるとして強い自責の念に囚われ、後に愛するウイルクと共に日本に渡ることを拒み、女の幸せを捨てて樺太で革命闘争を続けることを決意している)。

関連イラスト

【エア新刊】長谷川幸一とフィーナのお話
ウラジオの夜




本名



―――「Мое имя не Хасэгава Коити.(私の名前は長谷川 幸一(ハセガワ コウイチ)ではないんだ…)」


ウイルク達の去った後、腕の中で冷たくなってゆく妻に向け、幸一は己の本名を明かす。


―――「А кто же ты?(あなたは誰なの?)」




















―――――――――「鶴見 篤四郎(ツルミ トクシロウ)


関連タグ

ゴールデンカムイ 鶴見中尉

関連記事

親記事

ゴールデンカムイ ごーるでんかむい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「長谷川幸一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2985

コメント