ピクシブ百科事典

青の交響曲

あおのしんふぉにー

近鉄南大阪線の観光特急。「交響曲」と書いて「シンフォニー」と読む。
目次[非表示]

近鉄16200系「青の交響曲」

近鉄南大阪線・吉野線沿線の観光資源に注目し、観光振興を図る事を目的とした観光特急。「上質な大人旅」をコンセプトとする。2016年9月10日運行開始。
特急料金は他の吉野特急よりも高めに設定されているが、さくらライナーのデラックスシート料金と同額(特急料金520円+特別車両料金210円)。橿原神宮前での京都方面発着の特急との乗継の場合、料金が通算される。

通勤形車両6200系6221編成を種車に改造した、青の交響曲用の専用車両16200系(改番して16201編成となった)が使われる。3両編成の両先頭車は2列+1列席で、コンパートメント席も用意。中間車はラウンジスペース・バーカウンター・ライブラリーが用意されている。
乗降扉を各車両1か所ずつに減らした(改造前は4か所)為、停車駅で下車する客が降りる前に乗車客が乗り込んでデッキを混雑させる(主に客室のある1号車と3号車)マナー違反が原因での停車時間増大による遅延が多発している。単線区間の吉野線では対向列車にも遅れが波及する。この問題について対策(例えば乗降扉を号車毎に乗車専用及び下車専用に分離等々)は現時点で為されていない。

運行区間は大阪阿部野橋駅吉野駅の間で、原則水曜日を除く週6日・1日2往復運行(原則水曜日は汎用特急による代走)。大阪阿部野橋駅発は10:10発と14:10発、吉野駅発は12:34発と16:04発。

吉野山の桜の開花時期には、平日に臨時列車として橿原神宮前駅~吉野駅間を1往復しており、通常のダイヤでは汎用特急車両が代走する。また、旅行会社が提供するツアー列車としても運行される。

停車駅

大阪阿部野橋-尺土-高田市-橿原神宮前-飛鳥-壺阪山-吉野口-福神(ふくがみ)-下市口-六田(むだ)~吉野間各駅

他の吉野特急と同じ基本停車駅である。

メロディ・ミュージックホーン

大阪阿部野橋駅で流れる「青の交響曲」専用の発車メロディ、駅停車中に「青の交響曲」から流すミュージックホーンに、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの交響曲第101番「時計」が使用されている。

関連項目

近畿日本鉄道 近鉄 近鉄特急
さくらライナー(26000系) 6200系 16200系 しまかぜ つどい
南大阪線:南大阪線、吉野線の詳細はこちらから

青の交響曲・公式サイト(外部リンク)

関連記事

親記事

近鉄特急 きんてつとっきゅう

子記事

  • 16200系 いちまんろくせんにひゃっけい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「青の交響曲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4156

コメント