ピクシブ百科事典

名阪特急

めいはんとっきゅう

近鉄名古屋駅 - 大阪難波駅間を運行する近鉄特急の系統の1つ。
目次[非表示]

概要

名阪特急は昭和22年に運行を開始した、近鉄特急で最も歴史のある系統である。東海道新幹線の名古屋~新大阪間のバイパス機能としての役割もあり、近鉄特急の中でも花形の列車である。停車駅が少なく、かつては名阪間ノンストップであった「甲特急」と主要な途中駅に停車する「乙特急」の二種類があり、短絡線の都合上どちらも伊勢中川駅には停車しない。

当初は伊勢中川駅で乗り換えが必要であったが、昭和34年の伊勢湾台風からの復旧に合わせた名古屋線軌間変更工事により直通運転を開始し、昭和36年には伊勢中川駅に短絡線が完成。
これにより従来より速達性が高まったものの、昭和39年の東海道新幹線開業で近鉄は時間・運賃の両面で優位性を失ってしまい、花型列車であった甲特急でさえも2、3両編成での運行となるまでに追い込まれてしまう。
昭和40年代後半には廃止の危機にすら立たされたが、国鉄の2度にわたる運賃値上げや頻発するストライキ等により運賃面やサービスでの優位性が戻ったこともあり徐々にシェアを取り戻し、昭和60年から新幹線に屈した先代ビスタII世(⇒ビスタカー)の雪辱を晴らさんとばかりにビスタIII世30000系の投入を開始(1979年の1次車と少し仕様の異なる第15編成はこの時増備された)するなど攻めの姿勢を見せ始めた。
国鉄が民営化されJRとなった昭和63年、将来的なJRの攻勢に対して先手を打つ形で、それまでの近鉄特急のイメージを一新した新型車両である21000系アーバンライナー」を名阪甲特急へ投入、革新的なデザインと乗客本位の居住空間を備えたこの車両の登場により、輸送実績は新幹線開業前の水準まで回復した。さらに平成14年にはバリアフリーや禁煙情勢に対応した改良増備型である「アーバンライナーnext」も登場、後に全ての「アーバンライナー」の車両も同じ改良を行っている。現在は新幹線に対し運賃の優位性や車内の快適性を売りにしている。
令和2年には平成期に活躍してきた上記の「アーバンライナー」を置き換える形で、バックシェル付き座席を搭載した80000系ひのとり」を甲特急へ投入する予定である。

ちなみに大阪難波駅と近鉄名古屋駅を同時刻に発車した甲特急はほぼ中間にある新青山トンネルの前後で離合するダイヤが組まれている。

停車駅

甲特急

大阪難波-大阪上本町-鶴橋-(大和八木)--<白子>-<四日市>-<桑名>-名古屋

乙特急

大阪難波-大阪上本町-鶴橋-大和八木-名張-(桔梗が丘)-(伊賀神戸)--白子-四日市-桑名-名古屋

括弧書きは一部停車。<>は大阪難波21時発の近鉄名古屋行き甲特急のみ停車。基本的に甲特急は名古屋・大阪難波とも毎時00分発、乙特急は30分発である。

  • 甲特急は1959年の軌間拡幅工事完成後に無停車化して以来、長きにわたり名阪間ノンストップ運転であったが、2012年3月ダイヤ変更をもって全ての甲特急が津駅に停車するようになった。
  • 平日ダイヤの名古屋6時発の設定はなく、代わりに5時58分発大阪上本町行き乙特急が運行される。
  • 土休日ダイヤの名古屋6時発大阪難波行きのみ、00分発であるが乙特急として運転される。この他、土休日ダイヤの夕方は名古屋発25分発、大阪難波20分発の甲特急が加わる。
  • 運転士は津駅で交代する。
  • 大阪難波21時発名古屋行き甲特急は名張駅で通過待ち合わせ中の大阪難波20時50分発松阪行き阪伊乙特急を追い抜いていく。特急同士による同格退避が行われるのは、新幹線や臨時列車を除けば日本唯一の例。

近鉄名古屋駅における発車メロディ

近鉄名古屋駅で大阪行き名阪特急の発車を知らせる際、ウェストミンスターチャイムの後、ヨシフ・イヴァノヴィチ作曲のワルツ「ドナウ川のさざなみ」が流れる。

その他

伊勢中川で運用を分割する形で、名阪間を同じ車両で直通する「名阪急行」が早朝の一部時間帯に存在する。その他の時間帯は基本的に大阪線・名古屋線の急行同士の接続を行う。名阪間を急行のみで行く場合、所要時間は3~4時間ほどかかるが、リーズナブルに移動出来る手段でもある。

関連項目

近鉄特急 名阪ノンストップ特急 近畿日本鉄道 アーバンライナー ひのとり

関連記事

親記事

近鉄特急 きんてつとっきゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「名阪特急」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2930

コメント