ピクシブ百科事典

概要

古代中国の地理書『山海経』に記載される人の頭を持った蛇、或いはの姿をした邪神

昼と夜を生み出すとされる龍神燭陰の息子とされており、黄帝の時代に同じである欽䲹と共謀して祖江という名前の神を殺害した罪により黄帝の使者によって鍾山の辺りで退治されたとされる。

しかし死後、その死体から発せられた悪気は鵕鳥という怪鳥へと生まれ変わり、人々に大旱魃を告げる様になったという。

関連タグ

燭陰 鵕鳥 欽䲹 妖怪

関連記事

親記事

中国神話 ちゅうごくしんわ

兄弟記事

コメント