ピクシブ百科事典

60系客車

ろくじゅっけいきゃくしゃ

60系客車とは日本国鉄が木造客車を改造して製作した鋼体客車である。
目次[非表示]

概要

 国鉄が1949年から木造客車を改造して鋼製客車とした客車の形式群。このグループを総称する形で「鋼体化改造車」とも呼ぶ。
改造種車の台枠はごく一部の三軸ボギー車を除くと全て17m級の長さしかなく、足りない3m分は車歴上引き継がれない別の17m車から切り継いで補っている(断面が共通のため可能だった)。
当初登場したオハ60は木造車並の狭窓3連1組という窓配置であるが、これは「安全上鋼製にする」とCTSを説得した手前、広窓(オハ61)では「結局オハ35のような客車を作るのではないか?」と止められる恐れがあったため。工事進捗後、「工数が減らせる」という理由をつけ広窓に移行した。

背景

CTS(GHQの鉄道管理部門・民間運輸局Civil Transportation Section)は接収優等客車(所謂連合軍白帯車)や新規優等車(マイネ40など)の調達にばかり躍起になっており、極端に不足している三等車の増備になかなか許可を出さなかった(そればかりか白帯車の内かなりの割合で鋼製三等車から接収し格上げ改造したものがある)。しかし1947年の八高線の脱線大破事故(木造車ゆえ当該車は台枠上が全て粉砕)から国鉄は木造車の淘汰を決定。説得材料として事故写真や木造車の現物を見せた結果、改造であればOKとなった

動態保存車が2両存在するが、いずれも本グループの中心(普通列車向けの詰め込み設計)から外れた、優等列車用3等荷物合造車(オハニ36)である。

ギャラリー

60系客車 三等車
60系客車 郵便・荷物車



関連項目

 鉄道 客車 旧客

pixivに投稿された作品 pixivで「60系客車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8

コメント