ピクシブ百科事典

目次[非表示]

8期_10期

解説

「マスタールール3」登場。
強力な布陣をお互いに作り合う「制圧」という概念が本格化する。
1つのデッキが複数操っていたのもあるが様々な召喚法が活躍した。
環境の移り変わりが激しく一強になる事も多かったがトレカとしての人気も高かった。
禁止カードの枚数が劇的に増えている。

高額カードの再録も多かった(クリムゾン・ブレーダーヘルウェイ・パトロール等)。

召喚法のインフレも整備され遊びやすくなった。(「化合電解」「儀式の下準備」「クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン」等)
なお、魚族の新規カードは2枚しか出なかった。

ブラック・マジシャンレッドアイズなど過去作由来のカードの強化が始動した。
遊戯王ARC-Vのスターシステムによる過去作テーマ強化もみられた。

端末世界竜剣士のストーリーがそれぞれ展開された。

マスタールール3

  1. 先攻側の通常のドローが廃止(形式としてドローフェイズは行う)。
  2. お互いのフィールド魔法が共存可能で、張り替えによる相手のフィールド魔法を破壊できない。また、自分のフィールド魔法を張り替える際も破壊ではなく墓地へ送る処理となる。
  3. ダメージステップに5つのタイミング「ダメージステップ開始時」「ダメージ計算前」「ダメージ計算時」「ダメージ計算後」「ダメージステップ終了時」が設定された。
  4. リバース効果や一部の起動効果は誘発効果に統一された。これによって効果の分類は永続効果・起動効果・誘発効果・誘発即時効果の4種類になる。
  5. 新しいカードの種類としてペンデュラムモンスターとペンデュラムゾーンが登場。
  6. 新しい種族として幻竜族が登場。


主な出来事(加筆歓迎)

1年目(2014年度)

輝きは影になりて


光天使影霊衣シャドールクリフォートなど様々なデッキが活躍。
星守の騎士プトレマイオス旧神ノーデンが登場するもあっという間に禁止カードになってしまった。

2年目(2015年度)

猿サーチ


EMEm竜剣士との混合構築で活躍するも長くは続かなかった。

3年目(2016年度)

Master Peace


RATEで隣の芝刈りが初登場。デッキ枚数を増やすことに意味が生まれる。
DBLEが発売。WW-グラス・ベル&調弦の魔術師の存在から飛ぶように売れる。通称「次元戦争」。
20APの発売に伴い、過去の禁止カードがエラッタされて解禁。
大量の規制カードを含むMACR発売。
十二獣真竜が環境で活躍。

関連タグ

遊戯王OCG
遊戯王におけるみんなのトラウマ一覧
遊戯王ではよくあること
アニオタwikiにおける「9期パック」の項目

関連記事

親記事

遊戯王OCG ゆうぎおうおふぃしゃるかーどげーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「9期(遊戯王)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213

コメント