ピクシブ百科事典

Brain_Power

ぶれいんぱわー

maimai、チュウニズム、オンゲキ、グルーヴコースターに収録されている楽曲。以前はSOUND VOLTEX やMÚSECAにも収録されていた。
目次[非表示]

概要-oooooooooo AAAAE-A-A-I-A-U- JO-oooooooooooo

アーティストはノマ。
元々はKONAMIのSOUND_VOLTEXシリーズの公募収録曲である。
2013/03/04~2013/03/24に開催されたSDVX FLOOR企画「SOUND VOLTEX II -infinite infection-制作決定記念 オリジナル楽曲コンテスト」に採用された曲の1つ。曲としてはUK Hardcoreに近く、英語歌詞はサンプリングボイスを使用。
後に連動企画でMUSECA 1+1/2にも移植されていた。
しかし2017/03/28、KONAMIと作曲者ノマ氏の契約が満了となり、そのまま契約解除。それをもってボルテ、ミュゼカ共に削除されてしまった。
音楽ゲームの枠を超えてネット上で大人気となった楽曲であり、2016年頃にはtwitch等で海外を中心にブームを起こした。
そのため国内外のDJ達による使用申請やオファーが多数届いていたのだが、KONAMIとの契約により一切使用できなかった。
そのため、それらを尽く断らざるを得ないという事情があった。
しかし、国内や海外の人々にもより多く聴いて楽しんで頂きたい等の理由から、2017年3月でのKONAMIとの契約期間満了時にそのまま契約解除を行ったことが作者のノマ氏本人から語られている。

本作に先駆けて2017/06/02にNeon FM(Unit-eによる海外アーケード/スマートフォン向けタイトル)、
2018/03/07にCytus II(Rayarkによるスマートフォン向けタイトル)などBEMANI以外の音ゲーにも移植されている。

2018年7月にはセガ音ゲーへの収録が発表され(3日…maimai、26日…オンゲキ)、日本のアーケード音ゲーに帰ってくることになった。さらに、10月25日にはCHUNITHMにも収録されたことにより、セガの現行3機種をカバー。
しかし、SDVX復活は叶わず…

稼動直後は圧倒的人気でヒットチャート1位を獲得した。
さらに、2016年にはtwitchで海外を中心に謎のブームが発生。配信内で流れた際にチャットに歌詞を投稿するのがお決まりの流れとなっており、特にサビに入ってからは投稿数が倍増するようだ。

オンゲキでは、実装当初は第1章チャプター2までストーリーを進めないとプレイできなかった。現在では通常曲として開放され、チャプター進行に関係なくプレイできるようになっている。MASTER譜面では、サビに突入する直前で歌詞の"Let the bass kick!"が背景としてレーンいっぱいに書かれている。

チュウニズムでは他機種より尺が長くなり、間奏の後もう1回サビが流れる。MASTER譜面では2回目のサビで歌詞がノーツとなって降ってくる。さらに全難易度ALL JUSTICE達成で…

その後、日本のアーケード音ゲーでは収録機種が増えないのかと思われていたが、グルーヴコースター4EXの稼働開始日となる2019年3月28日に追加された。

収録機種-eee-ee-eee AAAAE-A-E-I-E-A- JO-ooo-ooo-oooo

アーケード版のみ記載。

収録機種収録日削除日
SOUND_VOLTEX2017年 6月2日
MUSECA 2017年 6月2日
maimai2018年 7月3日
CHUNITHM2018年 10月25日
オンゲキ2018年 7月26日
グルーヴコースター2019年 3月28日

難易度表-oooooooooo AAAAE-A-A-I-A-U- JO-oooooooooooo

2020年1月現在の情報。収録されている機種のみ記載。

BASICADVANCEDEXPERTMASTER
maimai57+1012※
CHUNITHM371113
オンゲキ461013
※maimai FiNALEで12+から12に降格。


SIMPLENORMALHARD
グルーヴコースター4813

外部リンク-eee-ee-eee AAAAE-A-E-I-E-A- JO-ooo-ooo-oooo

外部リンク(ニコニコ大百科)

関連記事

親記事

BEMANIシリーズの楽曲一覧 びーまにしりーずのがっきょくいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Brain_Power」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 103

コメント