ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

Bugdoll

ばぐどーる

スマホゲーム『#コンパス 戦闘摂理解析システム』に登場するヒーローのヒトリリリリlILi ?#do""l@[[LeN%&dles)sbu;;g:):):):)………/* Enjoy Hahaha :-) */
目次 [非表示]

『ニンゲンハ ムダ ガ スキ…シッテイマス』

オマエハ ドチラガワ ノ ニンゲンデスカ? 「ボク」? ソレトモ… 「アイツ」?


CV:丹下桜

Basic Information

Roleガンナー
Illustratorちゃもーい
MusicOmoi
Character Themeスティールユー
Attack×1.35
Defense×1.45
Hit Point×0.75
Hero Skillデリート シーケンス スタート:前方へウィングを並列展開し 超射程多段ビーム攻撃
Ability#イレギュラー:#イレギュラーが近くにいると ヒーロースキルパワー増加
Hero Action 浮遊兵器 / #イレギュラーウィング(長押し:ウイング射出+自分防御ダウン):ウイングを最大6発射出して攻撃。射出した分だけ防御力低下

Overview of this existence

スマートフォンゲーム『#コンパス 戦闘摂理解析システム』に登場するガンナーのヒーロー。

2021年12月19日に開催された「#コンパスフェス 5th Anniversary」の「#コンパスニュース」にて実装の決定が発表。

2022年1月23日に開催された「#コンパスニュース&TEPPENバトル2022年1月」の最後に「#コンパスニュース」にて2022年第1弾となるオリジナルヒーローとして1月27日に実装が発表された。

2021年から開催され続けていた「#イレギュラー」イベントに関連するヒーローであり、#イレギュラーが初めて出現した

2021年5月31日……つまり実に約7ヶ月前から伏線が貼り続けられていたこととなる。

キャラクターデザインはVoidoll零夜と同じちゃもーい氏、テーマ曲はテオグリーンライツ・セレナーデを手掛けたOmoiが担当している。


Character Description

「#コンパス」に侵入してきたイレギュラーな存在であり、今まで侵入していた#イレギュラーらの元凶とされる者。

その目的は「ヒーローを侵蝕し、#イレギュラーに堕とすことで#コンパスのコア解析プログラムへの攻撃に利用すること」。

しかし、本人のメモリーには課せられた命令以外の記録は存在していないらしく、それ以降の行動は未だに不明。

すなわち、このBugdollを操っている人物が存在しているものと思われる。


中の人はVoidollと同じだが、女性的な声である程度の感情表現もあったVoidollと比べると抑揚がなく、システムボイスのような機械的な声をしている。

また口調もVoidollに似ているが一人称が「ボク」で、バレンタインデー恒例の女性ヒーロー限定ガチャにもラインナップされていない事から、少なくとも女性型ではない模様。


ヒーローにあるはずの紹介文が「NULL DATA」のみであったり、ヒーローガチャでの登場演出が特殊なものとなっていたりと、他ヒーローと比べてもその扱いは別格。

バトルでは侵入したことで解析・入手したであろうデータを利用し、各ヒーローの攻撃・行動を真似することが可能。その影響かカード使用時やヒーローアクション発動時には今までに登場したヒーローのセリフを口にすることも。


使用する攻撃・武器と関連ヒーローは以下の通り。全てがORIGINAL10にカテゴライズされるヒーロー達である。


また、敵にVoidollがいる時にベストプレイヤーを取ると演出が変化する。


Appearance and Costumes

Bugdoll_登場

Voidollと対を成す漆黒のボディが特徴。腕部はVoidollに似ているが、脚部は先端に向けて細くなっている。更に、体のパーツ全てが繋がっているVoidollと異なり、胴体と手足は完全に分離しており、腕部に至っては上腕と前腕までもが分離している。背部の6つのウイングは攻撃に使用される。#イレギュラーのボスというだけあり、一目で#イレギュラーだと理解出来る非常に禍々しいデザインとなっている。

青く光る部分は従来の#イレギュラーコスチュームと同様にレッドチームだと赤色に発光する。

目元は時より不気味なものに変化することも……

実装おめでとう…!!!

カラーバリエーションにはVoidollそっくりの白色のものと全身紫の毒々しいものの2つ。

後者のモチーフはVoidollの短編アニメ「irregular」に登場した紫色の「イレギュラー」と思われる(このイレギュラーとBugdollの関連性は不明。)。

お菓子なバグドールちゃん

コスチュームには雷鬼風『オマエの端末をショートさせてやるよ』、ファンシー風『オマエはどうやら糖分が足りて無いようだな』が存在。

コンパス水着コス2023

季節限定では水兵風『オマエはゲームに溺れているようだな』がある。

ファルザーBugdoll

初音ミクコラボではミクコスチューム、ロックマンエグゼコラボでは「第二の電脳獣」となったデバッグプログラムの姿、幼女戦記コラボでは第二〇三航空魔導大隊の第二中隊長の姿も登場している。


Characteristics in Battle

敵への牽制や妨害といったサポート、後方からのキルを得意とする#コンパスでは珍しい真っ当なガンナーらしいヒーロー。

移動能力はそこそこであるが、ステータスはニーズヘッグに似た高水準の攻撃・防御倍率を備えている。ただし体力は少々低め。


得意カードは『遠』『連』。基本的には「戦陣の灯/VDN-93 強襲揚陸艦 ユグドラシル」や「ライバル狂刃忍者 -幽々院ゆらら-」といった貫通攻撃がお勧め。「迅雷の科学者アバカン」もかなり強力なため採用されることも多い。

Voidollやマルコス、リリカと同様にカードの発動時間に特殊な補正がかかっており、他のヒーローの約半分の速度で発動することが可能。

例えば発動時間が「短」である「迅雷の科学者アバカン」や「魂を司る聖天使 ガブリエル」などは通常、発動時間「無」のカードで連切りした方が安全に発動できるのだが、Bugdollはその補正によりほぼ連切りする必要のない速さで発動させることができるのである。


通常攻撃は可もなく不可もなくな性能。1・2撃目が早めなため、2撃目まで撃つ、もしくは1撃目を当てたタイミングで少し移動して攻撃モーションを最初からという工程を挟むと効率よくダメージを与えられる。意識できる状況なら気にしておこう。


アビリティ『#イレギュラー』はバトル時に自分以外のBugdollまたは#イレギュラーコスチュームのヒーローが近くにいると、ヒーロースキルゲージが上昇するというもの。

マルコスソーンなどのゲージ増加系アビリティと同様に、敵味方問わず近くにいれば溜まってゆき、ポータルエリア内のスキルゲージ上昇と重ねがけはできないという点は共通。こちらは上昇倍率が低い分対象ヒーローが多く、アビリティが発動しやすいのが強み。メダル関係の都合上上位に行けば行くほどイレギュラーコスチュームを使用している人が少なくなるのは内緒。


ヒーローアクション(HA)は背中のウイングを射出、遠距離から追尾して攻撃するというもの。

一発一発の攻撃倍率はそこまで高くなく、防御力が高いヒーローには効きにくいが、前方の発動範囲内にロックオンした相手であれば遮蔽物や壁があろうとどこまでも追尾してくる上に、6発全て当たればそこそこダメージも入るため、イスタカのHAの上位互換に等しい攻撃。

ただしデメリットとして射出する毎に自身の防御力が低下していってしまい、すべてのウィングを発射してしまった際には防御力が0.00倍…つまりゼロにまで下がってしまう。当然この状態では攻撃されれば倒されやすくなってしまうため、『*真実ノ美* ジョバンニ』のような背後に飛んでくるカウンターカードや射程外からの攻撃死角からの奇襲には細心の注意をはらうこと。

ウィングの一発一発の威力は低めなため、敵の防御を下げる、自分の攻撃力を上げるなどすると目に見えてダメージが変わる。そのため「連合宇宙軍 シールドブレイカー」のような、敵全体に防御デバフを与える『弱』カードを積むのも手。ただし正面切っての戦闘では役立たないため注意。

また、「グレートウォール」や「どっひゃぁ~!なっから遺跡」のような高低差のあるステージの場合は、高台の上から下の敵へウィングは発射出来ない(逆も同様。同じ、または低い段差程度の高さに敵がいればその限りではない)ためそこも注意する必要がある。


ヒーロースキル(HS)はウイングを並列に展開し、超高威力のビーム光線を発射するというもの。ウイングが6発あるため、6連装の超長射程光線攻撃となる。

ビームら攻撃範囲内にいる敵を怯ませつつ連続ヒットするため、ヒーロースキル合わせをするかガードを張っていない限り抜け出すことはほぼ不可能。遮蔽物や壁をも無視して攻撃し横幅も広いのでステージの大部分を覆えるのも強力であろう。

しかし、発射されるビームには隙間があり、その間にいることでも回避することが可能。発動時には射線の予告もあるので、余程身動きの取れない状態でなければ回避は思ったより容易にされてしまう。

とはいえ、発射中はその場から動き辛いため、その隙を突いて味方にキルして貰うなどの連携も有効となるだろう。


範囲内でさえあればどこからでも攻撃できる強みをもつHAでジリジリ削りキルしやすくし、アビリティも利用して高火力長射程のHSを放ち進路を塞ぐ・防ぐなどして確実に望みを絶っていくのがBugdollの基本戦術。

デメリットをリカイし、スべてをハカイしつくしたサキにマツのハ……バグ……ルニ…ル……#コンパ…ノ……カンゼ…ショ…アク………











        /* Enjoy Hahaha :-) */



セントウセツリ ヲ カイセキカンリョウ……

  フフッ コノテイド ノ システムノ カイセキナド

  ボク ニ カカレバ ゾウサモ アリマセ___



         System Reboot

         Please Wait…



エラーを検知 再起動します



ガピッ!? イマ ボクハ ナニ ヲ シテイタンダ…?



Related Videos


Related Images

バグド実装おめ!

侵入開始

Bugdoll シンニュウカイシ:-):-):-)

Bugdoll

Bugdoll

実装おめでとう!!!enjoy…Hahaha:-)


Related Tags

#コンパス #イレギュラー コンピュータウイルス マルウェア

  • Voidoll13†サーティーン†:片や#コンパスのシステム側の存在、片や別の目的で潜り込んでいる状況からBugdollとは確実に敵対する存在。なお、Bugdollの実装と同時にアタリと共に#イレギュラーとして出現している。

  • ラブマシーン:特定の行動のループにより新たな能力を入手する繋がり。ただしBugdollは解析によるものなのに対し、こちらは吸収による能力の入手。
  • バグスター:世界を支配するべく活動する「バグ」の名を冠する怪人たち。しかしあくまで命令にのみ従うBugdollとは違いそれぞれが意思とプライドを持っている。

Coupling・Group Tag


カイセキ ハ カンリョウ シマシタノデ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 498451

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました