ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

十文字アタリ

じゅうもんじあたり

スマホゲーム『#コンパス 戦闘摂理解析システム』に登場するヒーローの一人。
目次 [非表示]

「おっ、3Dも…悪くねぇ、かな」

「今回のゲームは、神ゲーになる予感!」


CV:山谷祥生

基本情報

ロール(役割)スプリンター
担当絵師ひでかず
担当ボカロPPolyphonicBranch
キャラクターBGMレトロマニア狂想曲
攻撃倍率×1.00
防御倍率×1.00
体力倍率×1.00
ヒーロースキルモンスターサーカス:モンスターで周囲を自動攻撃(被ダメージで消滅)
アビリティそっこーリスタート:死亡から復活直後、移動速度アップ
ヒーローアクションダッシュ攻撃(長押し:ダッシュ):長押しで移動速度が速くなる。敵の近くで離すとダッシュ攻撃発動

概要

スマホゲーム、『#コンパス~戦闘摂理解析システム~』に登場するスプリンターのヒーロー。

『#コンパス』を始めて最初に操作し入手する、いわば初期キャラクター。

初期10ヒーロー(ORIGINAL10)の中で「スプリンターの基本形」として作られた、スプリンターのヒーローの第一号でもある。

スピンオフゲーム『#コンパスライブアリーナ』ではリリース初期から登場。

キャラクターデザインはひでかず氏、テーマ曲は二次元ドリームフィーバー東京電脳探偵団等を手掛けたPolyphonicBranch氏が担当。


キャラクター

スピード自慢のゲーマー少年。ゲームは1日24時間している。つまりほぼ日徹夜のガチ勢

ゲームと言っても最近のゲームではなくレトロゲームと2Dゲーム全般。裏技やバグも利用して楽々攻略。もちろん3Dゲームも難なくこなすが、3D酔い・回線のラグ等の完全攻略はまだまだ先。


ゲーム大会の為に、コンボの特訓をしたところ通常攻撃と近距離攻撃カードの速度が上昇したようだ。


容姿・コスチューム

十文字さんちの無題

ゲーマーらしく衣装の至る所にコントローラーのボタンが見られる。

腰元にはコントローラを身につけている。

ライブアリーナでは帽子を被りストリートダンサーらしい衣装に。

緑アタリくん殴るだけじゃ、芸が無いだろ?

カラーバリエーションには茶髪でグリーンなものと緑髪で褐色肌なものが存在。

PLAY HEROアタリくん(メガヒーロー)

他のコスチュームは、『いくぜ!プレイヒーロー』や『時代が求めた!メガヒーロー』がある。

十文字アタリ🐺無題

期間限定では『月夜を駆ける!ウルフヒーロー』、『海が呼んでる!ビーチサイドヒーロー』が追加。

ミクコラボFFアタリくんコラボアタリくん

初音ミクコラボではミクコスチューム、GGコラボではギアと人間のハーフの青年の衣装、FFXVコラボでは軽いノリのムードメーカーな悪友の衣装、ペルソナ5コラボではコードネーム「スカル」のパイレーツアーマーロックマンエグゼコラボではデンサンシティ・秋原町のネットバトラーの衣装が登場。

殺戮の天使コラボ復刻時には「ザック祭!」としてアタリを含む初期ヒーロー10人(ORIGINAL10)にザックコスチュームが追加された。

バグタリくん

2022/1/27 #イレギュラー シュツゲン

「デリート シーケンス スタート」


2020年1月9日のメンテナンスでハイモデル化され、顔立ちが大きく変わり公式の短編アニメに近い容姿になった。


ヒーローの特徴

もっとも平均的なステータスを持ち、初心者にもオススメな扱いやすいヒーロー。

柔軟な立ち回りが可能なオールラウンダーとも言えるが逆に特化している部分がないとも言える(と思われがちだが…詳しくは後述)。

味方チームの編成によって立ち回りを変えていけるため、野良マッチでも安定した戦いができるキャラである。


カード発生は全体的に「速」であるがその中でも『近』や『周』がおすすめ。その内『近』カードは採用すると動きにアクセントがでて、キル力や妨害性能が高くなるため、相性がいい。


ヒーローアクション『ダッシュ』による高い機動力を活かして、開幕C制圧や敵陣のかく乱などを得意とするスプリンター。

ダッシュ中に通常攻撃を決めると発動する『ダッシュ攻撃』は相手を怯ませることができ、とても優秀。アタリに限らずスプリンターを使うなら、しっかり使いこなせるようにしていきたい。


アビリティ『そっこーリスタート』はリスポーン後12秒間の間、移動速度が約1.6倍になる。このアビリティによって、デスしてもすぐに前線に戻ることができる。このアビリティのおかげで初心者でも安定した運用ができ、特にけっこいの防衛戦などスタート地点とCポータルが近いステージで真価を発揮する。


ヒーロースキルの『モンスターサーカス』は周囲に常時2.5倍の攻撃判定を発生させるHSであり、初心者がアタリくんを使う上でのほぼ唯一の壁である。100%ダメージカットやドルケストル、カウンターなどのカードと相性がよく、ヒーロースキル+ダメージカットを展開して、相手に追撃する動きがとにかく強い。全体力の40%のダメージを受けると消失してしまうため、HSを使ったと思ったら秒で消えて困惑してしまうのは初心者あるあるである。逆に言うとその性質上HS発動時間が無限という利点があると言える。

その代わりHP依存になってしまう為に、防御無視でダメージを与える『貫』カードやポイズン状態で体力を徐々に減らされる『毒』カードには非常に弱い。また、防御無視で強制的にダメージを与えてしまうグスタフのHSの発動と被ると一瞬で消し炭にされてしまう

しかし、カウンター(『返』カード)を使用するなど対策がないわけではない。


またアタッカーとの接近戦や複数に囲まれてしまうと厳しいため、場合によっては後方に下がり味方との合流も視野に。相手チームにスプリンターがいない場合は裏取りを積極的に狙い、スプリンターがいるのならばマークして仕事をさせないようにするなど、状況に応じて柔軟に立ち回っていくことが大切。


難しいことがわからない場合は、

  1. 開幕C制圧を狙う
  2. ヒーローゲージを貯める
  3. ダメージカットスキルと合わせて突撃

序盤はこの3つを抑えておくといい。


強みを突き詰めると、実はHS特化のピーキーキャラであり、中級者以上はモンスターサーカスを軸に回復を抜き、ガードを固め延々にHSでキルを稼ぎながら攻める型が一般的になりつつある。このタイプのアタリを敵にした場合、対策が取れないといともあっさり5-0されるなど、#コンパス内でも特に凶悪な型として知られている。しかし弱点もありガードで固めている関係上モンサを剥がされると足が早いだけの木偶の坊になってしまうため、いつも以上に慎重な立ち回りが求められる。


総括すると平均的で癖のない初心者向けでありながらカード編成・戦闘スタイルによっては玄人向けにもなる独特なスプリンターであり、非常に#コンパスらしいヒーローともいえる。もし他に推しのヒーローができても、たまに使ってあげれば、新しい発見ができるかもしれない。


関連動画


関連イラスト

一緒に頑張ろうぜ!十文字アタリ

十文字アタリ十文字アタリ

友人の推しさんハイモデル化


関連タグ

#コンパス ゲーマー レトロゲーム



カップリング・グループタグ


レトロゲームもいいもんだろ?

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3332764

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました