ピクシブ百科事典

CosmicBatonGirlコメットさん☆

こすみっくばとんがーるこめっとさん

正確には『Cosmic Baton Girl コメットさん☆』。横山光輝の漫画作品『コメットさん』を原作として、2001年4月1日から2002年1月27日にかけてテレビ大阪をキー局にテレビ東京系で放映されたテレビアニメである。2010年11月21日からAT-Xで再放送される。大抵は『コメットさん☆』と略される。
目次[非表示]

タグとしては「コメットさん☆」が主に使われている。

概要

本作は、過去に製作されたテレビドラマ版を含めると『コメットさん』の3作目にあたる。
2001年4月から2002年1月まで全43話が放送された。
テーマは「輝き」。視聴対象である子供たちに「君たちのいる世界は、こんなにも素敵に満ち溢れている事に気付いて欲しい」との製作サイドの願いが込められている。
本作では、テレビドラマ版コメットさん役初代の九重佑三子がコメットの母(王妃)役、二代目の大場久美子がコメットの叔母役で、声優を担当しており、それぞれストーリに関わる重要な役割を与えられ、作品に花を添えていた。
舞台は鎌倉市がモデルとなっている。

当初は4クールが予定されていたが、大人の事情により短縮される事となった。全体的にまったりとした静かで優しい雰囲気であり、子供に安心して見せられるアニメと評されたが、子供層の評判はいまいちだったとの事。女児向けというよりは大人向けの癒しアニメの性格が強め?

大抵は『コメットさん☆』と略される。単に『コメットさん』とした場合は第1作や第2作を指す傾向がある。

ストーリー

『トライアングル星雲』にある三つの『星国(ほしくに)』が集う、お披露目ダンスパーティから逃亡した『タンバリン星国』の王子を捜すため、『ハモニカ星国』の王女『コメット』と『カスタネット星国』の王女『メテオ』は、遙か彼方の星である地球に向かった。王子を探し出す手掛かりは、「瞳に輝きを持つ者」ということ。コメットは、慣れない地球で初めて出会った藤吉家の、お手伝いさんとして地球に居候し、王子を探すこととなった。しかし、実は王子探しは地球に行く口実で、母や叔母も行ったという地球を一目見たかったというのが本音であった。

はたして初めて目にした地球には、コメットがまだ知らなかったさまざまな輝きをもつ者に満ち溢れていた。それは、夢の世界が身近に存在する子供たち、夢や希望に向かって努力する若者たち、自らの夢を見つけ、夢や希望に向かう子供や若者を時には支え、時に厳しく鍛える大人たち、そして昔の夢を大切にしている老人たち、それぞれが放つ輝きだった。コメットはそんな者たちの悩みや願いを『星力(ほしぢから)』を使って解決し、あるいは後押しするのであった。コメット自身もまた、ライフセーバーを目指す『ケースケ』、ストリートミュージシャンがらヒットダムに駆けあがる『イマシュン』との出会いを経て、夢を追う一人の少女として、ときめき、悩む日々の中で、輝きを放つのであった。

星力はいわゆる魔法に相当するものであるが、魔法では無いとしている(但し玩具のCM上では魔法と表現している)。中盤では『恋力(こいぢから)』も登場。

登場キャラクター

ハモニカ星国


カスタネット星国

タンバリン星国

藤吉家の人々

風岡家

少年たち

コメットの親戚

その他の登場人物

主題歌

オープニングテーマ

「君にスマイル」(第1話 - 第27話)
作詞 - 松木悠/作曲 - のぐちますみ/編曲 - 渡部チェル/歌 - 新堀奈夕
「ミラクルパワー 〜スターダスト・バージョン〜」(第28話 - 第43話)
作詞 - 松木悠/作曲 - 白川明/編曲 - 渡部チェル/歌 - 中山静香

エンディングテーマ

「トゥインクル☆スター」(第1話 - 第27話)
作詞 - うらん/作曲・編曲 - 大久保薫/歌 - 千葉紗子
「星のパレード☆」(第28話 - 第43話)
作詞 - うらん/作曲 - 白川明/編曲 - 渡部チェル/歌 - 田中小百合

関連イラスト

桜の花びら集め
コメット☆さ〜ん


【旧作】きらめきいっぱいだボ
コメットさん☆なクリスマス



関連タグ

コメットさん☆ コメットさん
魔法少女 宇宙人 妖精 バトン 鎌倉/鎌倉市 おまんじゅう顔 日常 ファンタジー 癒し
コメットさん☆100users入り

カップリングタグ・まとめタグ

ケーコメ コメメテ/コメテオ ツヨネネ

関連リンク

Cosmic Baton Girl コメットさん☆ - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「CosmicBatonGirlコメットさん☆」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7545

コメント