ピクシブ百科事典

Dom/Subユニバース

どむさぶゆにばーす

Dom/Subユニバースとは、海外の二次創作から発祥した特殊設定のようなものである。Dom、Subといった男女性とは異なる性が存在する。BDSMのオメガバース版、と考えることもできる。
目次[非表示]

概要

Dom/Subユニバースとはオメガバースのように、主にBLの二次創作において登場する特殊設定の一つである(NLGLでも使用できる)。簡単に言うと、信頼と庇護のバースである。発祥は海外のファンフィクション。BDSM、ひいては現実世界におけるDom/Subプレイを性別という概念で取り入れた設定である。現実世界においては、Dom役とSub役がいる形で、プレイ以外においてはDom役・Sub役としては振る舞わない(ディシプリンに関してはその限りではなく、Dom/Subユニバースに近い形となる。Wikipediaのディシプリンを参照)。
なお、現実世界におけるD/S関係は「ドミサブ」と読むが、Dom/Subユニバースは「ドムサブ」と読む。
Dom/Sub AU(Alternative Universe)、D/S Societyとも呼ばれる。


詳細解説

ダイナミクスという力量関係によって男女の性とは異なる性(Dom、Sub)がある。
DomとSubは信頼と庇護の関係にある(SubがDomを信頼することで、DomがSubを庇護することができる)。
オメガバースとは異なり、男性妊娠といった身体的な特徴はなく、番や運命もない。
また、Dom/Sub/(その他の性)の間での物理的な格差はなく、対等である(社会的にはその限りではないこともある)。
なお、単にDom/Subという場合、現実におけるロールプレイのことになり、Dom/Subユニバース(性が存在する世界という設定)とは異なる。
海外作品においては、Dom/Sub Undertone(日本語に訳すなら「ほんのりDom/Sub」)という概念もあり、日本でいうところの801の攻め・受けに近い。
作品によって、Dom/Sub以外の性(下記参照)がある場合がある。

Dom(Dominant:支配的な)

 BDSMでいうとS(サディスト)(厳密には異なる)。Subから信頼を受け取り、Subを庇護する。
 Subを支配したい欲求がある。以下の特徴を持つが、特徴の強さは一人一人異なる。
 大原則として総攻めであるが、「責め」として解釈されることもある。(攻め責め女攻め女責めを参照されると、「攻め」と「責め」の違いが分かりやすいかと思われる)。

Domの特徴

 ・躾・お仕置きをしたい
 ・褒めてあげたい
 ・守ってあげたい
 ・信頼がほしい
 ・世話をしたい

Domの傾向

 詳細は下記のSubの傾向にある通り、Subと同様Domの特徴をどれくらい持っているかはDom一人ひとりによって異なる。傾向の異なるDomとSubがPlay(後述)する場合、事前の綿密な摺り合わせを行わないと、十分満足いくPlayを行うことは難しい。

Sub(Submissive:従順な)

 BDSMでいうとM(マゾヒスト)(厳密には異なる)。Domに信頼を委ね、Domから庇護される。
 大原則として総受けであるが、「責められる側」として解釈されることもある。

Subの特徴

 ・躾・お仕置きをされたい
 ・褒めてほしい
 ・尽くしたい
 ・信頼を伝えたい
 ・かまってほしい

Subの傾向

 上記の特徴を持っているSubではあるが、一人ひとりによってどの特徴をどのくらい持っているかは異なる。上記の特徴をすべて持ち、後述するPlayの内容もハード(鬼畜責め)でなければ、一般的なSub=バニラ(シンプルで特筆すべき事項がない状態のこと。もともとはゲーム用語)系と評することもある。バニラ系をベースに、Playの好みがハードなものであればハード系、Subではあるが同時にツンデレならツンデレ系などなど、特徴の持ち合わせ方を系統で表現することもある。系統の種類は無限にあり、バニラをもとに何が足されているのか?と考えることでSubのキャラクター付けを行うことができる。こういった系統は必ずしも明示する必要はなく、各人物の傾向である。

Switch

 DomとSub両方の特徴を持ち合わせた性別。DomとSubの特徴が入れ替わる。
 入れ替わりのタイミングは本人の任意だったり、周囲の状態によったり、コマンドだったりとさまざま。

Usual/Normal/Neutral など

 DomでもSubでもSwitchでもない性別。つまり、ダイナミクスを持たない性別。作品によって呼び方が異なるが、これは社会設定などが反映されているためである。

Usual

「一般的な」という意味。Dom/Subの割合が少ない場合に用いられる。

Normal

「普通の」という意味。Dom/Subに偏見などがあり、「普通でない」と受け取られている場合に用いられる。

Neutral

 「中性」という意味。Dom-Neutral-Subという、どれもが独立した性ではなく、連続した性であり、その真ん中あたり(Dom/Subいずれの性としての気質も有していないあたり)にある性として用いられる。


Play(プレイ)

 DomとSubの間では、特殊なコミュニケーション=Play(プレイ)を行うことで、種々の欲求を満たし、信頼関係を築くことができる。
Playの前に、SubのNG行為や好きなこと、苦手なことを確認することで、円滑に行うことができる。特に、前述した傾向が一致しないDom/Subの場合、確認を怠るとPlayがうまくいかず、Sub drop(後述)に陥らせてしまったり、十分な欲求を満たせないことになる。
 Playにおいて、コントロール権を持つのはSubであり、そのコントロール権をDomに預けている形である(だからこそ同意が必須であり、DomはSubからいただいたコントロール権を大切にしなくてはならない)。コントロール権を不当に奪う行為は、強姦などと同じく、犯罪である(ことが多い。強姦などがまかり通る設定であればその限りではない)。

Command(コマンド)

 Playにおいて、DomがSubに対して用いる命令・指示。DomがCommandを出し、Subがそれを遂行する、というのがPlayの基本的な流れである。
 →Dom/SubユニバースのCommand一覧

Safe word(セーフワード)

 DomのCommandが行き過ぎてしまわないように、DomとSubの間で決めてある言葉。普段口にせず、とっさに口にできる言葉が望ましい。一般的なものとしては、信号機の色(止まれ)の意味から連想される「赤(Red)」があるが、Subが自由に言葉を決めてよい。
 SubがSafe wordを発した場合、Domは行為を止めなくてはならない。
 Safe wordそのものに拘束力がないこともあれば、Safe wordを使われることでDomにダメージが入ることもある。
 Domに従い命令を達成することで満たされるSubにとって、Safe wordを使うことは、Domに反逆するように感じとても負担になる。DomはSubをSafe wordが使えるように躾けたり、万が一Safe wordを使われた場合、Safe wordを使えたことを褒めないと、Safe wordを使いにくくなってしまう。

Care(ケア)

 Subをたくさんほめたり、スキンシップをとって、Subを全肯定する行動のこと。何がCareになるかはSubによるが、基本的にはほめてほめてほめまくる。Subが不安定なときに怠ると、Sub dropに陥りやすい。躾やお仕置きなど、Subにとって負担となる行為の後には、後述するAfter careが必須である。

After care(アフターケア)

 DomがSubに対して躾やお仕置きなどのあとにCareすること。
 Domは必ずしなければならないことが常識。怠るとSub dropに陥る。

Sub space(サブスペース)

 Play中に、Subの意識が完全にDomにコントロールされてしまうこと。単にスペース、サブスペとも。
 どんなことでSub Spaceに入るかは、Sub一人一人で異なる。
 Sub spaceに入ると、頭がお花畑状態になったり、ふわふわした感覚に包まれたりする。
 Subの体質、経験、なによりDomとの信頼関係がないと入ることができない。
 DomがきちんとSubの意識をコントロールしないと、急激に落ちてきてSub dropに陥ることもある。

Collar(カラー)

 DomとSubの関係成立の証としてDomがSubに送る首輪のこと。Subがこれをつけると精神的に安定する。首輪だけでなく、当人たちがCollarであると認識していれば、精神的な効果を得られることもある。Collarが外されると精神的に不安定になる。

Defense(ディフェンス)

 Domが自分のSubに危害が加えられた時に陥る状態。
 Subを過剰に保護しようとして周囲に対し暴力的になってしまう。
 後述するGlareを周囲にまき散らすこともある。
 Domが「この人は自分のSubである」「自分のSubに危害が加えられた」と思えば発生するため、実際に自分のSubであるかは問わない。

Sub drop(サブドロップ)

 簡単に言うと、Sub spaceの対となる言葉。
 DomとSub同士で信頼関係が築けていない、Domが躾やお仕置きなどの後Subをそのまま放置する(After careを行わない)場合、強いGlareを浴びた場合などに起こる現象。
 幸福感、幸せな感情よりも緊張や不安が高まってしまい、Subが疲労感、虚無感を覚えてしまう。重症になると気を失ったり死に至ることもある。

Glare(グレア)

 Domが躾やお仕置き中などに不機嫌になったときにSubなどに浴びせる、所謂目力のようなもの。オーラ、威圧感とも。
 浴びせられたSubは身体が震えてしまったりと恐怖に飲まれ、Sub dropに陥ることもある。KneelやRollの体勢をとってしまうこともある。

躾・お仕置き・ご褒美

 DomとSubが円滑かつ深くコミュニケーションを行うためには、SubをDomが躾けて、躾に対し反目した際にはお仕置きをし、躾中やお仕置きを受けられたとき、Playをしているときなどにご褒美を与えることが重要。

 いわゆるそのものも含まれるが、DomとSubの間で約束事・ルールを決めるといった、Dom好みにSubを仕立てる調教のような意味もある。
 Commandがきけるように訓練する、門限を決める、などなど。
 躾であるので、たとえうまくいかなかったとしてもお仕置きをするのは逆効果。Sub Dropに陥るリスクがある。できたところまでをきちんと褒めて、日を重ねながらじっくり躾けなくてはならない。ルールであれば、だんだん厳格化するなど、段階を踏むことで、SubにDomの命令をきけた達成感を感じさせ、よりDom好みに躾けていけるようにする。

お仕置き

 いわゆるお仕置きではあるが、BDSM的なものも含まれる。Subが躾けられたことを守らなかった場合に行い、躾られたことの再確認、躾を破ったことの反省をさせる。Subにとって苦手なことを行うことが一般的。ただし、NG行為は行ってはならない。
 たとえお仕置き好きなSubであっても、お仕置きを受けきったSubをきちんと褒めることが大事。褒めなければ、いつまでお仕置きなのかわからず、Domを怖がってしまうこともある。
 また、お仕置きの途中でSafe wordを使われた場合、その行為は即座に止めなくてはならない。同時に、Safe wordを使えたことを褒める。
 Sub dropに陥りやすい行為ではあるが、DomとSubの間では必要不可欠な行為でもある。

ご褒美

 Reward(リワード)ともいう。
 躾、お仕置き、Play中などで、Subを褒めることは必須。多かれ少なかれ、Subには「褒められたい」という欲求があり、そのためにさまざまなことを頑張るためである。
 褒め方はいろいろあるが、「Good boy(girl).」「Good」と褒めると、褒められていることがSubに明確に伝わりやすく、同時にCommandが達成できたことを認識でき、次のCommandに移りやすくなる。

その他の特殊な慣習

※以下の内容は、作品によってあったりなかったりする。

Claim(クレーム)

 DomがSubに対しCollarを送ること。結婚と同義・同等な場合もある。
 ひいては、Domがほかの人々に対して、「このSubは自分の庇護下にあるのだ」と主張することになる。
 Subの地位が著しく低い場合などに、Subの同意なくClaimが行われる場合もある。

契約書

 Claimしたり、パートナーになったりした際、好きなこと、苦手なこと、NG行為などをまとめ、躾方・お仕置きの仕方・褒め方などを書き、Dom/Sub双方がサインする。

抑制剤

 オメガバースと同様、抑制剤が存在することもある。Dom/Sub共に、自分自身の欲を鎮め、安定した生活を送るために用いる。副作用があり、薬が合わない場合もある。
 Dom/Sub専用の病院(もしくは科)があり処方されるケース、ドラッグストアで買えるケースなどさまざま。
 抑制剤はあくまで抑制するもので、欲そのものは消えないため、Playすることが欲求解消には最も有効である。

ランク・レベル

 Dom/Subとしての力・欲求の強さを段階的に評価する場合もある。


関連リンク/タグ

特殊嗜好
BDSM
Dom/SubユニバースのCommand一覧
Dom/Subユニバースのススメ

関連記事

親記事

オメガバース おめがばーす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Dom/Subユニバース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20179205

コメント