ピクシブ百科事典

Dom/Subユニバース

どむさぶゆにばーす

Dom/Subユニバースとは、海外の二次創作から発祥した特殊設定のようなものである。
目次[非表示]

概要

Dom/Subユニバースとはオメガバースのように、主にBLの二次創作において登場する特殊設定の一つである。発祥は海外の二次創作。


詳細解説

ダイナミクスという力量関係によって男女の性の他に第二性がある。

Dom(Dominant:支配的な)

 SMでいうとS
 Subを支配したい欲求がある。

Domの特徴

 ・お仕置きしたい
 ・褒めてあげたい
 ・守ってあげたい
 ・信頼がほしい

Sub(Submissive:従順な)

 SMでいうとM
 Domに支配されたい欲求がある。

Subの特徴

 ・お仕置きされたい
 ・かまってほしい
 ・褒めてほしい
 ・尽くしたい

Switch

 SubとDomの特徴を持ち合わせた性別。DomとSubの特徴が入れ替わる。
 入れ替わりのタイミングは本人の任意だったり、周囲の状態によったり、後述するコマンドだったりとさまざま。

Usual/Normal/Neutral など

 DomでもSubでもSwitchでもない性別。


Play(プレイ)

 DomとSubの間では絆が発生し、特殊なコミュニケーション=Play(プレイ)を行う。オメガバースなどとは異なり、番は存在しない。

Command(コマンド)

DomがSubに対して行う「命令」。Subが命令され遂行することでDom/Sub双方の欲求を満たす。信頼関係によってはCommandを受け付けなかったり、後述するSub dropに陥る危険性もある。「命令」をうまくできたSubをDomは「Good」などとほめる必要がある。
下記以外のコマンドも存在しうる。また、下記のすべてのコマンドを使うとも限らない。
 どのコマンドがご褒美になり、罰になるのかはSubによってさまざま。
 コマンドは英語表記しているが、日本語など他言語でも構わない。当人同士がコマンドと認識すればそれがコマンドである(身振り手振りなども同様)。
☆は多くの作品に登場し、Dom/Subユニバースにおける基本的なコマンドである。

Kneel(ニール)☆

 「お座り」「跪け」の意味をもつ。
 ぺたんこ座りが基本だが、当人の間でKneelの体勢はさまざま。
 Dom/Subが一番最初に行うことが多い、基本中の基本なコマンド。

Come(カム)☆

 「おいで」「来い」の意味を持つ。
 Kneel中であればKneelの姿勢のまま、Crawlであれば四つん這いのまま移動することもある。

Go(ゴー)

 「行け」の意味を持つ。
 Come同様、姿勢を維持させることもある。

Stay(ステイ)☆

 「そのまま」「待て」の意味を持つ。
 姿勢を維持させるために使う。

Stop(ストップ)

 「だめ」「やめろ」の意味を持つ。
 行動を止めるために使う。

Stand Up(スタンドアップ)

 「立て」の意味を持つ。

Sit(シット)☆

 「座れ」の意味を持つ。
 Kneelではなく、椅子やソファーなどに座らせる場合に使う。

Up(アップ)

 「上げろ」の意味を持つ。
 上体を起こす、上を向くなど。

Down(ダウン)

 「伏せろ」の意味を持つ。
 もともとの体勢によって伏せ方はさまざま。

Look(ルック)☆

 「こっち見て」「目を逸らすな」の意味を持つ。
 Subの視線・顔の向きを固定するために使う。

Say(セイ)☆

 「教えて」「言え」の意味を持つ。
 Subがなかなか口を割らないとき、恥ずかしがっているときなどに使う。

Speak(スピーク)☆

 「伝えて」「話せ」の意味を持つ。
 Sayは比較的短い単語や言葉、Speakは会話に対して使うことが多い。

Shush/Sh(シッ)☆

 「静かに」「黙れ」の意味を持つ。
 Subの言い分を聞かないときなどに使う。

Shut Up(シャラップ)

 「うるさい」の意味を持つ。
 Shush/Shよりも激しく、粗暴な口調でSubを黙らせるときに使う。

Give(ギブ)/Pass(パス)

 「ちょうだい」「寄越せ」の意味を持つ。
 物(もしくは物扱いしている何か)に対して使う。

Take(テイク)

 「持ってきて」「取ってこい」の意味を持つ。

Switch(スイッチ)

 「交代」の意味を持つ。
 Switchな相手に対して、DomとSubを入れ替えるよう要求する。

Attract(アトラクト)

 「魅せて」「興味を引かせろ」の意味を持つ。
 何らかの行為をゆっくり行う、誘惑するなど、意味はさまざま。

Crawl(クロール)☆

 「四つん這いになって」「這え」の意味を持つ。

Strip(ストリップ)☆

 「服を脱げ」の意味を持つ。
 Domの服を脱がせる際にも使うことがある。

Lick(リック)

 「舐めろ」の意味を持つ。

Roll(ロール)☆

 「ごろん」「仰向けになれ」の意味を持つ。
 手足を折り曲げさせる場合もある。服をまくらせる場合もある。

Present(プレゼント)☆

 「見せて」「晒せ」の意味を持つ。
 急所(局部、肛門、胸、首筋など身体の急所や、見せたくないものなど)をよく見えるようにする。

Corner(コーナー)☆

 「壁に向け」「すみっこ」の意味を持つ。
 反省を促したり、お仕置きに使う。いわゆるコーナータイムも含まれるが、単純にDomの顔を見ることのできない壁を向かせて放っておいたり、部屋の隅にいさせることをまとめてCornerという。

Safe word(セーフワード)

 Domの行為が行き過ぎてしまわないように、DomとSubの間で決めてある言葉。普段口にせず、とっさに口にできる言葉が望ましい。一般的なものとしては、信号機の色(止まれ)の意味から連想される「赤(Red)」がある。
 SubがSafe wordを発するとDomはそれ以上の行為ができなくなり、中断せざるをえなくなってしまう。
Safe wordそのものに拘束力がないこともあれば、Safe wordを使われることでDomにダメージが入ることもある。

Care(ケア)

 Subをたくさんほめたり、スキンシップをとって、Subを全肯定する行動のこと。何がCareになるかはSubによるが、基本的にはほめてほめてほめまくる。Subが不安定なときに怠ると、Sub dropに陥りやすい。お仕置きの後は後述するAfter careが必須である。

After care(アフターケア)

 DomがSubに対してお仕置きのあとにケアすること。
 Domは必ずしなければならないことが常識。

Sub space(サブスペース)

 Domによるお仕置きやアフターケアなどの最中に、Subの意識が完全にDomにコントロールされてしまうこと。
 頭がお花畑状態になったり、ふわふわした感覚に包まれたりする。
 Subの体質、経験、なによりDomとの信頼関係がないと入ることができない。
 DomがきちんとSubの意識をコントロールしないと、急激に落ちてきてSub dropに陥ることもある。

Collar(カラー)

 DomとSubの関係成立の証としてDomがSubに送る首輪のこと。Subがこれをつけると精神的に安定する。首輪だけでなく、当人たちがCollarであると認識していれば、精神的な効果を得られることもある。Collarが外されると精神的に不安定になる。

Defense(ディフェンス)

 Domが自分のSubに危害が加えられた時に陥る状態。
 Subを過剰に保護しようとして周囲に対し暴力的になってしまう。
 後述するGlareを周囲にまき散らすこともある。
 Domが「この人は自分のSubである」「自分のSubに危害が加えられた」と思えば発生するため、実際に自分のSubであるかは問わない。

Sub drop(サブドロップ)

 簡単に言うと、Sub spaceの対となる言葉。
 DomとSub同士で信頼関係が築けていない、Domがお仕置きの後Subをそのまま放置する(After careを行わない)場合、強いGlareを浴びた場合などに起こる現象。
 幸福感、幸せな感情よりも緊張や不安が高まってしまい、Subが疲労感、虚無感を覚えてしまう。

Glare(グレア)

 Domがお仕置き中、After care中などに不機嫌になったときにSubに浴びせる所謂目力のようなもの。オーラ、威圧感とも。
 浴びせられたSubは身体が震えてしまったりと恐怖に飲まれる。KneelやRollの体勢をとってしまうこともある。

その他の特殊な慣習

※以下の内容は、作品によってあったりなかったりする。

Claim(クレーム)

 DomがSubに対しCollarを送ること。結婚と同義・同等な場合もある。
 ひいては、Domがほかの人々に対して、「このSubは自分の庇護下にあるのだ」と主張することになる。

抑制剤

 オメガバースと同様、抑制剤が存在することもある。Dom/Sub共に、自分自身の欲を鎮め、安定した生活を送るために用いる。副作用があり、薬が合わない場合もある。
 Dom/Sub専用の病院(もしくは科)があり処方されるケース、ドラッグストアで買えるケースなどさまざま。
 抑制剤はあくまで抑制するもので、欲そのものは消えないため、Playすることが欲求解消には最も有効である。

ランク・レベル

 Dom/Subとしての力・欲求の強さを段階的に評価する場合もある。


関連リンク/タグ

特殊嗜好
Dom/Subユニバースのススメ

関連記事

親記事

オメガバース おめがばーす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Dom/Subユニバース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10779815

コメント