ピクシブ百科事典

M1918

えむいちきゅういちはちぶろーにんぐおーとまちっくらいふる

M1918とは、1918年にアメリカ軍が採用した自動小銃。分隊支援火器の始祖。 正式名称「M1918 ブローニング自動小銃」、愛称「BAR」
目次[非表示]

概要

アメリカ軍は、ボルトアクションもしくはセミオートマチックの小銃が主力火器であった当時、分隊を火力支援するために容易に持ち運べる機関銃のような火器の必要性を感じ、1918年にジョン・M・ブローニングが開発した(当時の)自動小銃機関銃を合わせたようなM1918を採用した。愛称としてブローニング自動小銃(Browning Automatic Rifle)の頭文字を取ってBARと呼ばれている。
塹壕から塹壕に移動して戦う歩兵部隊を支援するのに有効な火器として、第一次世界大戦に大いに使用された。その後、M1918A1M1918A2と改良され、A1まではセミオート射撃とフルオート射撃があったが、A2以降はフルオートのみになった。第二次世界大戦朝鮮戦争等にも使用され、日本にも警察予備隊に配備され、自衛隊へ改編後も62式機関銃64式小銃ができるまで使用され、現在でも予備装備品として残され教練も行なわれている。

民間型として1931年にコルト社から「コルト・モニター」の名で販売され、現在でもOhio Ordnance Works社等で再生産モデルの販売がされている。
ブローニング社からはBARの名でセミオート狩猟用ライフルが売られているが、まったくの別物となっている。
古いモデルの再生産やリファインを行なっているOhio Ordnance Works社によりHCAR(Heavy Counter Assault Rifle)の名で近代化されたものが発売されている。
クローズドボルト化、緩衝機構の改良や工具なしでの銃身交換機構の排除など大幅に改良が加えられており、中身は殆ど別物となっている。

自動小銃としては重く、かといってマシンガンにしては弾が少ないということで、ジョン・ブローニングの設計した銃の中では評価は今一つだった

性能

欠点として銃身が過熱しても交換できず、機関銃としては弾数が少々不足気味で小銃としては多重量で長さがあった。
だが、その重量が逆に射撃時の反動を抑えて安定した射撃ができ、長い銃身によって命中精度は良好だった。また、装弾数は少ないがその分単純な構造で小型のマガジンは信頼性や携行性が高く、他国の多装弾型マガジンと遜色はなかった(多装弾マガジンの欠点に関してはPPSh-41の項を参照)
何より小銃として運用するならM1ガーランドより弾数が多く、フルオート射撃ができるため重くても使用したがる兵士が多かった。20発のマガジン給弾方式も、途中装弾できないM1ガーランドのクリップ給弾方式に不満があったため歓迎された。
このためM1918は戦場で戦う兵士達にとって信頼のおける兵器として愛された。

データ

全長1,214mm
銃身長611mm
重量9,070g
口径7.62mm×63(.30-06スプリングフィールド弾)
装弾数20発


余談

pixiv内では、本銃とともにアニメ「ストライクウィッチーズ」のシャーロット・E・イェーガーが描かれているイラストが約半数を占めている。

シャーリー



関連イラスト

しゃーりー
BAR/M1918と廃墟



関連タグ

マシンガン 分隊支援火器 BAR アメリカ軍 ジョン・ブローニング
シャーロット・E・イェーガー

pixivに投稿された作品 pixivで「M1918」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 238068

コメント