2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. Beretta M76
  2. S&W M76
  3. Zastava M76

Beretta M76

ベレッタ M76は、1971年から85年まで製造されていた自動式拳銃
コンパクトオートマチックのベレッタM70シリーズのうちの1丁で、M76は22口径の競技用モデルだった。
もとのモデルは、他のベレッタの自動式拳銃と同じく上部が大きく開いたスライドが特徴だったが、M76は銃上部と前部を覆う大きなシュラウドが着けられ、一見ベレッタらしくないようにも見えるが、これは競技用モデル故のものである。
このシュラウドは、前後照準器と光学サイトの基台も兼ねていた。

S&W M76

S&W M76は、1960年代にアメリカで開発された短機関銃
元々、スウェーデン製のカール・グスタフm/45(スウェーディッシュK)短機関銃を使用していたアメリカ軍(主に海軍SEALs)や政府機関が、政治的理由で同銃を調達できなくなった為に開発されたという。外観、機構ともにカール・グスタフm/45に似ている。

ベトナム戦争などで使用され、その後1980年代にはMP5等に更新された。

Zastava M76

ユーゴスラビア製の狙撃銃
基となったのはソ連製のAKMの同国版のM70で、これを7.92×57mm弾(8mmマウザー)仕様に再設計し狙撃銃としたものである。

ツァスタバの製造設備を導入したイラクでも似たような銃が作られたが、こちらはAKMなどと同じ7.62×39mm弾が使われた。愛称は「タブク」。

関連記事

親記事

じゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「M76」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13000

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました