ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

Pomni

ぽむに

Pomniとは「The Amazing Digital Circus」に登場するキャラクターであり、本作品の主人公である。
目次 [非表示]

「ああ ///規制音/// 何が起こってるの!?」


CV:リジー・フリーマン(オリジナル版)/ あらん(日本語吹き替え版)

概要編集

The Amazing Digital Circus」の主人公。ピエロ服を着た少女のような姿をしている。


詳しい経緯は不明ながら、ヘッドセットを使って「アメイジング・デジタル・サーカス」をプレイした結果、気が付くとソフト内の仮想世界に閉じ込められていた。同時に自分の本名や記憶の大半も失ってしまい、同様の境遇に陥っていた人間たちと共に「キャラクター」の一員としての暮らしを余儀なくされる。


現実世界では25歳の女性。会計が得意で好きな食べ物はサーモン、メインキャラクターで一番料理が下手とのこと。


「Pomni(ポムニ)」という名前は、ソフトの管理AIでありサーカス団長のケインが持ち出してきたスロットマシンで表示された、ランダムな文字の並びによって決められた。偶然なのかはわからないが、名前の由来がロシア語の「Помни」。"忘れないでください""覚えている"等を意味している。(ちなみにコレは2回目で、最初の候補は「XDDCC(クスドゥドゥクク)」という珍妙なものであった)。

性格編集

シニカルで無気力気味、内股気味で首をすくめており、得体に知れない環境下では臆病で神経質になってしまう。現実世界でもこのような性格・態度だったのかは不明だが、冷静になった際には普通に話せているため、まだ環境に馴れていない故だと思われる。思いやりのある一面もあり、特に自分と同じ境遇の人を見かけると、手を差し伸べずにはいられない性分をもつ。


表情豊かで身振り手振りも大きい。メタ的に言えば、カートゥーンならではの誇張描写とも考えられるが、他の「キャラクター」と比較してもその傾向は顕著である。


またそのような職業、はたまた単に趣味だったのかは不明だが、ライブRPGコリジョンバグといったような、その手の知識がなければ分からないような専門用語を唐突に口走る事があり、仲間からは反応に困られ、たまたま一緒に行動する事になったNPCからは「詳しいんだな」と言われていた。

外見編集

ポム二

赤と青のツートンカラーを基調としたピエロ(より正確に言えば宮廷道化師)のような服装をしている。肌は色白で髪はおかっぱ風の黒髪。


生えてるまつ毛の違う、黒い瞼の大きな丸い目も特徴で、瞳はやはり赤と青の二色が交互に並んだ6分割の円グラフのような模様。不安が募り続けると瞳がボールペンでくしゃくしゃになったようなものになる。


見た目のモチーフは道化師の人形であり、人間離れした容姿の者が多い「キャラクター」の中では、最も人間に近い風貌をしている。

キャラ関係編集

  • ラガタ

当初、優しく接してくれる彼女に(混乱気味とはいえ)突っぱねた事に罪悪感を抱いていたが、様々な経緯をもって態度を軟化していく。

  • ジャックス

不安を煽ったり暴力行為を行った彼に、ポムニは敵意を向けている。

まだ会話がない様子。

出口に関して同じことを呟いてたとある人物と重ねるように、心配されている。

ポムニに、サーカスでの生活に慣れるように進言した。

人気編集

元々のデザインの秀逸さや立ち振る舞いの可愛らしさに加えて、次々と災難に見舞われてはパニックに陥ったり不安や恐怖に押しつぶされそうになる姿や表情に「キュートアグレッションが刺激される」として、そっちの癖の方々からの人気が特に高い。


Pixivへの投稿イラストでは、より実物の人間に近い姿で描かれたり、色々と盛られたりしている。


2023年11月10日にポプテピピックでお馴染みの大川ぶくぶ氏が、同年の11月19日に任天堂所属のイラストレーター竹内高氏が、それぞれPomniを描いている。

大川ぶくぶ→https://twitter.com/bkub_comic/status/1722786371277074494

竹内高→https://twitter.com/Kosan_Takeuchi/status/1726001723297485026

余談編集

初期(下書き段階)のポムニは、縞模様タイツを着たアカメアマガエルの人形の男性キャラクターと、現在とは見た目も性別も違っている。


後に没案をイラストにした際、タイツのカラーリングが青・黒となっている。気になる方はグースワークス氏のTumblrをチェックしてみよう。

イラスト編集

PomniPomni

Pomni!

Pomni & Caine fan art 1Huggaddiction

ジャックス&ポムニpomniちゃんとkinger

関連項目編集

The_Amazing_Digital_Circus

ピエロ 顔芸

かわいそうはかわいい 不憫かわいい

ゲロイン:何故か一話、二話両方で嘔吐描写があり、もし三話でもあったなら確定の称号である。

本編での活躍編集

以下、多少のネタバレが含まれます。












  • EP1「パイロット」

ケインがサーカスを案内する中で、EXITと書かれたドアを発見。デジタル幻覚だとケインに指摘されるも、その場にいなかったカフモという人物が、同じことを語っていたのをキンガーから知り、ラガタ・ジャックスと一緒に部屋に行くことに。しかし、そこで見たものは極めて異質なものだった。

  • EP2「キャンディー運び屋大騒動!」

自分がバグと化して地下に落とされる悪夢から目覚め、自室に訪問してきたラガタに心配される。キャンディー・キャニオン王国の冒険にやる気もなく挑む中、冒険を早くクリアしたいジャックスに、タンクローリーまでの橋代わりとして放り出されてしまう。

関連記事

親記事

TADCの登場キャラクター一覧 あめでじのとうじょうきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13710491

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました