ピクシブ百科事典

RF-4EJ

あーるえふよんいーじぇい

航空自衛隊の偵察機 F-4EJより改造された。
目次[非表示]

登場の経緯・運用

航空自衛隊では1974年より偵察機としてRF-4Eが使用されていたが、配備数が14機と少なかった。
そこで1993年より戦闘機のF-4EJを転用し、15機が改修により登場した。
百里基地第501飛行隊に配備され、偵察任務のほか、災害発生時には被災地の空を飛び状況を撮影、迅速な状況把握と被災者の救助の一助となる。

しかし年には勝てず耐用実数を超えて退役となる機体も出てきており、数年後には完全退役も予想される。

特徴

元々偵察機として登場したRF-4Eとは異なり、偵察機材は外装とされ、ポット型の物を使用する。

ポッドを使いわけることで、「戦術偵察」「長距離偵察」「戦術偵察(電波識別)」が可能。
カメラを使用し特定の地域を撮影するほか、電波を識別して敵対空レーダーの位置特定も行える。

改修時期により塗装が異なる。

バルカン砲や短射程ミサイルも戦闘機時代のまま搭載し自衛用として使用が可能。

関連タグ

F-15J:本来後継機として偵察機に転用する計画があったが、ボツになった。
RQ-4:無人偵察機 (たぶん)後継機 2019年末以降配備予定

ファントム(ガーリー・エアフォース)

関連記事

親記事

F-4EJ えふよんいーじぇい

兄弟記事

  • F-4EJ改 えふよんいーじぇいかい
  • F4EJ えふよんいーじぇい

pixivに投稿された作品 pixivで「RF-4EJ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 584

コメント