ピクシブ百科事典

SCP-447

えすしーぴーよんよんなな

SCP-447とは、SCP財団に収容されているオブジェクトの一つである。

概要

アイテム番号:SCP-447
メタタイトル:緑のスライム
オブジェクトクラス:Keter→Safe

SCP-447とはシェアード・ワールドSCP_Foundationに登場するSCPオブジェクトである。オブジェクトクラスは一時期一番上のKeterだったが現在はSafeとなっている。

SCP-447はSCP-447-1と呼ばれているスポンジ状の表面構造の球体と、SCP-447-2と呼ばれるSCP-447-1から出る緑色の粘性の液体を指す。(SCP-447と言えばSCP-447-2のことを指すことが多い。)

SCP-447-1は直径約5cm、重さ1.37kgで、触ってみると柔らかい感触である。コイツは1時間に10ccの割合でSCP-447-2を生成する。

SCP-447-2の方は悪臭はあるもののあることを除けば普通のスライムであり、非常に便利な性質を持っている。
なんとこのスライム、食べることができる。ちなみに味の方も保証されている。さらにガソリンに混ぜれば燃料効率も上がり潤滑剤にだってなる。
はっきり言ってめちゃくちゃ有能である。

そんなSCP-447-2を用いた実験は数多く行われており、SCP-882SCP-914など他のSCPとの真面目なクロステストもあれば、目薬代わりにしたりスモークグレネードを作ったりとふざけたものも。
挙げ句の果てにあのアベルにSCP-447-2とウォッカを混ぜて作ったカクテルを飲ませるといった訳のわからないものまである。(味の感想はアベル曰く「さ わ や か」だそうで)

そんな便利なスライムだが、一つ注意点がある。
それは、死体に近づかせないこと。
これこそがこのオブジェクトがかつてKeter認定された理由であり、実際死体に近づかせた研究者はDクラス職員に割り当てられた。
実験も全て死体が出ないように注意して行われ、収容施設も葬儀場など死体に関するところから10km以上離れてなくてはならないという徹底っぷり。
ではスライムが死体に触れると何が起こるのか?
結論から言おう。













「わかりません」










…ネタではなくて本気でわからないのである。
報告書を読めばわかると思うが「死体に近づけるな」とこれでもかというほど書かれているのに、肝心の何が起こるかは何も書いてないのである。そのため、ファンの間でも議論が交わされることの多いSCPである。





ん?こんなところに死体があるぞ?

よし!SCP-447-2をかけるとどうなるか確かm

※編集者は終了されました。

関連タグ

SCP_Foundation SCPオブジェクト

関連記事

親記事

SCP_Foundation えすしーぴーふぁうんでーしょん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「SCP-447」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49913

コメント