ピクシブ百科事典

えんとつ町のプペル

えんとつまちのぷぺる

にしのあきひろの絵本。英語訳は『POUPELLE OF CHIMNEY TOWN』。
目次[非表示]

概要

著・にしのあきひろ(西野亮廣)
幻冬舎から2016年10月21日に発売され、2019年の時点では累計発行部数40万部を突破した。
挿絵に描かれている店の看板の名前はスポンサーの名称である。

登場人物

※CVは劇場アニメ/プラネタリウム版におけるものを記載。1名表記は基本的に劇場アニメ版。

プペル
CV:窪田正孝/堀内賢雄
物語の主人公。ゴミ山で生まれたゴミ人間。ゴミでできているので、体を洗ってもすぐに汚れて臭くなってしまう。人間と同様に、体の一部が取れるとそこが機能しなくなる。吐く息で風船を作れる。
ルビッチ
CV:芦田愛菜/佐倉綾音
もう一人の主人公。母ちゃんと二人暮らしをしている人間の男の子。えんとつそうじ屋で家計を助けている。父ちゃんのいう『煙のうえにはホシがある』を信じている。
アントニオ
CV:伊藤沙莉/うえだゆうじ
ジャック・オー・ランタンに仮装する。町のガキ大将で、プペルが仮装を解いても化け物のままだったので、彼と彼と仲良しのルビッチを敬遠するようになる。
レベッカ
CV:諸星すみれ
アントニオの部下。魔女に仮装する。
???
アントニオの部下。ゾンビに仮装する。
デニス
CV:大平祥生JO1
ルビッチの母ちゃん(ローラ)
CV:小池栄子/伊藤美紀
ルビッチの父ちゃん(ブルーノ)
CV:立川志の輔
町でただひとりの漁師で、冬の波に飲まれて帰らぬ人となった。好奇心旺盛、照れ屋で、嬉しいことがあるとひとさし指で鼻のしたをこする癖がある。
冒頭の『信じぬくんだ。たとえ一人になっても。』は彼が生前ルビッチにかけた言葉。
配達屋さん

関連タグ

絵本 人間×人外 父と息子
ハロウィン サイバーパンク ロケットペンダント
星空/宇宙 風船
ゴミ捨て場 琥珀の間

関連記事

親記事

絵本 えほん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「えんとつ町のプペル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44747

コメント