ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

おはよう!スパンク

おはようすぱんく

雪室俊一原作、たかなししずえ作画による『なかよし』連載の漫画作品。アニメ化もされ80年代前期の『なかよし』を支えた代表的作品のひとつ。
目次 [非表示]

概要

講談社の少女漫画雑誌『なかよし』に1978年から1982年まで連載された漫画作品。ただし、一度は連載を終了している。

雪室俊一原作、たかなししずえ作画。


たかなししずえ作画の漫画作品としては『おジャ魔女どれみシリーズ』(原作:東堂いづみ)と並ぶ代表的な地位にある作品であり、現在でもたかなしの代名詞となっている作品と言えるが、その一方で雪室の原作作品である事はあまり表に出てこない。

ちなみに第5回講談社漫画賞(少女漫画部門)受賞作である。


『なかよし』2022年9月号から2023年8月号にかけて、連載開始45周年プレ企画として、番外編4コマ漫画「おはよう!スパンク てくてく」が連載された。


内容

本編

父が蒸発し母が自らの夢のために外国留学してしまったため、伯父(母の兄)の藤波家に預けられてしまった中学生のオーバーオール少女森村愛子が、とある紆余曲折から常識を外れた(まるで人間のような)行動をする怪しいシープドッグであるスパンクと出会い、時にスパンクのあるいは自らの迂闊やお節介から、様々な騒動に巻き込まれる笑いと感動のスラップスティック・コメディ。


てくてく

愛子といっしょのスパンクだが、時が経つといつもいっしょ、というわけでもなくなり、スパンクにもスパンクなりの付き合いというものが出来ていた。なかよしのピッパー、キャット、みかんちゃんら素敵な仲間たちとともに、ゆかいなスパンクが愛子の知らない場所で過ごす日常の物語。


テレビアニメ

東京ムービーの制作によりテレビアニメ化され、1981年3月から1982年5月にかけて朝日放送ホストテレビ朝日系列局(ただし系列除く)のほかTBS系列局約4局、日本テレビ系列局約5局(うち約1局は放送当時)、フジテレビ系列局約9局(うち約1局は放送当時)にて放送された。なお、テレビ朝日系列局が存在したにもかかわらず、様々な事情から他系列局が放映を請け負ったのならともかく、放送自体がなかったと言う所も存在する。

1982年3月には映画版が公開されている。


アニメ版のメイン脚本は金子裕が担当し、原作者の雪室はほぼノータッチとなっている。


まんが日本昔ばなし」(TBS系列局、ただしテレビ高知長崎放送は放送日時差し替え)と激しい視聴率争いを繰り広げ、放送期間延長が認められたものの、商業成績があまり振るわなかったからか、1年3ヶ月という、やや中途半端な放送期間となってしまった。


関連タグ

なかよし 雪室俊一 たかなししずえ


おばさんホイホイ


妹尾あいこおジャ魔女どれみのキャラクター。『なかよし』での作画者繋がり、キャラの名前繋がり、オーバーオール繋がり


外部リンク

トムス・エンタテインメント(東京ムービーの後身)公式サイト内作品情報ページ

関連記事

親記事

たかなししずえ たかなししずえ

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35229

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました