ピクシブ百科事典

ぐわんげ

ぐわんげ

ぐわんげとは、1999年にCAVEがリリースした縦スクロールSTG。
目次[非表示]

概要

1999年に稼働を開始した、開発元CAVE・販売元ATLUSによる業務用シューティングゲーム
キャラクターデザインの大部分は井上淳哉氏が担当している。
2010年11月にはXBOX360版が配信された。

室町時代、所有者の命と引き換えに力を与える神『式神』と、それを操る式神使いによる魔物達との戦いを描く。

ちなみにタイトルの『ぐわんげ』とはラスボス名前であり、プレイヤー間では他のボス&雑魚敵と同じくそのグロさに定評あり。

ゲームシステム

縦スクロールSTGには珍しい地上戦を採用しており、自機キャラはスクロールする画面を走り回る形式で戦う。
この為、いわゆる『地上敵』『空中敵』に対する自機の当たり判定が逆になっている他、要所要所で『川』『塀』など移動不可な地形が現れ、変化に富んだゲームを楽しめる。(ただし、他の一般的なSTGの地形とは違い、自機や敵の弾はその影響を受けない)
また、自機のライフ残機ではなくゲージ制となっている。

ゲームシステムとしては、遠隔操作オプションとして式神を出現させ、敵に大ダメージを与えたり、弾消しに役立てる機能がある。

式神

宿した人間の命を一年後に奪う代わりに、超自然的な力を与える存在。
ただし、一年以内に方角・季節に対応する場所の神々を殺し、山神『ぐわんげ』を葬った者は助かるとされている。
主人公である三人の人間は式神から解放される為、更にそれぞれの思惑や野望をにぐわんげへと挑む事となる。

ゲーム内では敵に重ねる事で高威力の爆撃を行える他、敵弾に重ねた場合は速度を遅めたり相殺する事が可能。

自機キャラクター

父娘


シシン
パワータイプ。
式神の力による恐怖に狂い殺人鬼と化した
式神『力王』の「人の肉を喰らえ」という命令を守る見返りに一年以上生き長らえていたが、ある日謎の女神にぐわんげの元へ行くように伝えられ、苦痛からの解放を目指して出陣する。

【ぐわんげ】賀茂源助


賀茂源助
広範囲タイプ。
式神『麒麟丸』を操り賞金稼ぎを行っている男。
密かに麒麟丸の始末も願っていた所、武家の者に「ぐわんげの従える魔獣の力を取って来い」と依頼され、一年後に死なずに済む良い機会だと承諾した。

柊小雨と八飛車(ぐわんげ)


柊小雨
テクニックタイプ。
呪術の失敗により式神『八飛車』を宿してしまった少女
作中で唯一本心から式神と友情を結んでいる人物だが、「八飛車を消すまでは家に入れない」と父親に追い出されてしまい、互いに理解し合いながらも別れの旅に出る事となった。

関連動画

6面プレイ動画(使用キャラ:シシン)


ラスボス戦(使用キャラ:シシン)

外部リンク

アーケード版公式サイト
Xbox.comによる関連商品紹介
wikipedia

関連タグ

CAVE STG 弾幕STG
アーケードゲーム XBOX360
式神

式神の城(同じく式神を操り進む別会社のSTG)
いっき(地上戦×上画面繋がりの別会社のSTG)
デススマイルズ(同じく残機制ではなくゲージ制を採用している、同社製のSTG)

pixivに投稿された作品 pixivで「ぐわんげ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15269

コメント