ピクシブ百科事典

ぞくぞく村のおばけシリーズ

ぞくぞくむらのおばけしりーず

ぞくぞく村のおばけシリーズとは、おばけが登場する児童文学作品である。
目次[非表示]

ようこそ、オバケたちのすむぞくぞく村へ。

概要

あかね書房にて1989年5月から発刊された児童文学作品。
原作は末吉暁子、挿絵は垂石眞子が担当。
タイトルの通り「おばけ」を題材にした作品。

原作者である末吉暁子氏の病没により、2016年10月をもって完結。
全19巻。

pixivの検索では『ぞくぞく村』がヒットしやすい。

ストーリー

ぞくぞく村に住んでいるのは、ちょっと変わった妖怪ばかり。さむがりやのとうめい人間、入れ歯のドラキュラ吸血鬼。ほうきに乗れない魔女のオバタンに、時々ブタになってしまうおおかみ男など、楽しい仲間が集まって、けっこうゆかいに暮らしています。

(東映ビデオ株式会社の購入ページより)

特徴

一話完結で巻ごとに毎回主人公が変わる形式。
主役になるキャラは性格や職業、生態等がそれぞれ違うため、色々な視点で物語を楽しめる。

登場人物は全て妖怪であり、世間でお馴染みのモンスターやオリジナルキャラクターまで種類は様々。児童向け作品ゆえか、どれも可愛らしいユニークな姿で描かれている。

一方で、おどろおどろしい怪奇作品としての側面も持ち、

  • ミイラが浸かる風呂の中身がホルマリン
  • 人間の血液がお酒として飲まれている
  • アパートは墓場に存在している

・・・等々、時におっかない描写もされている。

舞台

架空の村『ぞくぞく村』で話が展開される。
名前の由来はこの土地を通ると何やら背筋が「ぞくぞく」することから。

人間社会とは昼夜が逆転しており、ここの住民は基本夜に活動して昼に就寝する。
各方面に妖怪達の住居があり、村の中心は店舗が集中していて賑やか。

ぞくぞく村だより

巻末に記載されたおまけページであり、当作のお遊び要素。
ぞくぞく村で発行されている新聞と言う設定。

内容は妖怪達が送る日常生活の紹介をメインとして、新聞らしく店舗の広告や各住民からのお知らせがある。このページに次回作の予告・伏線がこっそり存在する。
(現実の)読者が送ったイラストも載せられている。

タイトル一覧

作品名は「ぞくぞく村の○○」で統一。
○○の部分にその巻の主役である妖怪の名前が入る。

「ミイラのラムさん」
「魔女のオバタン」
「ちびっこおばけグー・スー・ピー」
「子鬼のゴブリン」
「おおかみ男」
「ドラキュラのむすこ」
「妖精レロレロ」
「とうめい人間サムガリー」
「がいこつガチャさん」
「雪女ユキミダイフク」
「雨ぼうずピッチャン」
「魔女のオバタンの使い魔」
「ゾンビのビショビショ」
「怪鳥ホヤホヤ」
「のっぺらぼうペラさん」
「かぼちゃ怪人」
「魔法少女カルメラ」
「ランプの精ジンジン」
「にじ色ドラゴン」

アニメ

1996年からビデオ作品として公開(後にDVD化)。
タイトルは『ぞくぞく村のオバケたち』。
全12話。
「魔女のオバタンの使い魔」までアニメ化された。

外部リンク

ぞくぞく村のおばけシリーズ‐あかね書房

pixivに投稿された作品 pixivで「ぞくぞく村のおばけシリーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 96

コメント