ピクシブ百科事典

アイギナ(ユグドラ)

あいぎな

アイギナ(ユグドラ)とは、『ユグドラ・ユニオン』、『ブレイズ・ユニオン』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

年齢15歳→18歳
身長159cm→162cm
一人称
クラスValkyrie
使用カードレヴォリューション

声優は『ユグドラ』では藤野とも子、『ブレイズ』では中原麻衣

※左側は『ブレイズ・ユニオン』での設定

概要


先んずれば人を制す!

新生ブロンキア帝国に仕えるガルカーサ親衛隊隊長。五頭竜将に比べる実力の持ち主で、ただならぬ剣術の使い手。あらゆる場所に現れては敵軍を混乱させ、帝国軍を数々の勝利へと導いてきたことから「神出鬼没の戦乙女」という異名を持つ。
ゲーム開始直後から終盤まで幾度となく戦うことになる強敵で、奥義「レヴォリューション」は相手のヘッド以外を瞬時に全滅させる。
ユグドラと同じく金髪碧眼を持ち、髪型は三つ編み一本にしている。

また、ユグドラと言えば、彼女に対しなんらかの恨みを抱いているようだが……。
冠を戴くためではない! ただ復讐を果たすために!!
王女ユグドラ! 聞こえているのだろう!
お前がドレスで着飾っていた頃、私は復讐を遂げたい一心で、ひたすらに剣を振っていた!
お前が寵愛を受けていた頃、私は、自分達の不遇さを、憎しむ事で紛らわしていた!













ネタバレ

ルシエナ=ルーン=アルトワルツ

年齢15歳→18歳
身長159cm→162cm
一人称
クラスNPC→Valkyrie
使用カードレヴォリューション

アイギナ(アイギナ=アイネ=アルトワルツ)の双子の姉であり、共に行動を取るが、見分けがつけない者にとって二人は一人に見える。
二人は一部の者だけが知るその秘密を戦術に利用してきたわけである。その事実からルシエナとともに「双生の戦乙女」とも言われる。
劇中ではアイギナが片目を射抜かれたことで双子のトリックが崩壊を迎えた為にその存在を明らかにするが、同時にアイギナとルシエナが主人公ユグドラの姉、つまりアイギナとルシエナこそが本来の王国の正統な継承者であることが発覚する。

またゲーム開始直後に盗賊の砦で交戦した戦乙女はアイギナではなくルシエナであったため、後でユグドラと交戦したアイギナはミラノとルシエナの戦いを知らなかった。

双子の見分けといえば、髪型の違い、甲冑の色(アイギナの方が主に赤い)でつけられる。
性格的にもアイギナの方がルシエナよりやや感情的になることもあったりする。

ファンタジニア王都であるパルティナにある湖の向こう側には二人の王女の墓場がある。
町の人々によると、その墓場には二人の「王家に繋がっていた双子」がなんらかの悲劇で命を落とし、そこで永遠に休むとされている。
二人は本作では事実を詳しく語ることがないが、後に発売された『ブレイズ・ユニオン』では姉妹の事情が明かされている。

『ブレイズ・ユニオン』におけるアイギナ

血と涙


Chapter 2で仲間になる。
テーマ曲は「剣を振るう理由」。
前作の苛烈な行動と違い、ここでは控えめな性格であり、物静かで大人しい娘。
かなり礼儀固く、主にですます調や敬語を使った丁寧な口調。
命の恩人であるガーロットを「様」で呼び続ける。
仲間キャラの中でシスキアだけに対して呼び捨てほど打ち明けているらしい。
そしてやはりルシエナより感情に流されることが多い。

「神生教団」という秘密組織に命を狙われ、養父のアルベルトが殺されて自分も包囲されているところでガーロットに助けられる。
その後は姉のルシエナと共にグラムブレイズに身を置くことになる。
ただし、ルシエナが足の怪我をしておるため、アイギナだけが戦闘ユニットになる。

シナリオのサブヒロイン的な存在だが、双子の過去を説明するBルートだけはストーリーの中心となる。

このゲームにおいて彼女がユグドラの「寄らば斬ります!」という名台詞を受け継ぐこととなった。やっぱり血筋に抗えん。

関連イラスト

百合
ユグドラ


双生の戦乙女
双生の戦乙女



関連タグ

ユグドラ・ユニオン ブレイズ・ユニオン ユグドラ・ユニゾン

ガルカーサ ネシア エミリオ
ルシエナ レオン
バルドゥス ジルヴァ ユーディ
モニカ カナン

ガーロット シスキア ジェノン メデューテ
ミゼル バイフー スレイプ イータ

他の記事言語

Aegina












以下Bルートネタバレ注意














ファンタジニア王国の王女として生まれたが、生まれてからすぐに暗殺の手がかけられ、とある老人の兵士に助けられて帝国領に連れ出されるのであった。
そこでアルベルトに拾われ、育てられた。

だが命を狙われ続けた双子は自分を守らなかった両親と「代わり」になった妹ユグドラを深く憎んでおり、いつか彼らに復讐を果そうという一心で生きてきた。

Bルートの序盤でルシエナが神生教団の手で殺される事件により、アイギナは痛みを耐えられなくなり、一人でファンタジニア王国へと疾走することになる。
そして仲間を見捨てられないガーロットはグラムブレイズを率い、彼女の後を追うことに。

彼女らは王国への突撃によってパルティナ王都に辿り着き、そこで双子が捨てられた事件の真実と、本当の黒幕の正体が明かされていく。



なお、設定書類集によれば、赤ん坊の双子を秘密裏で帝国に運ぶ計画は王国の大臣たちに警戒心を覚えた未だ未登場である王国女王に企てたとのこと。

関連記事

親記事

ユグドラ・ユニオン ゆぐどらゆにおん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アイギナ(ユグドラ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4813

コメント