ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アイギナ(ユグドラ)

あいぎな

アイギナ(ユグドラ)とは、『ユグドラ・ユニオン』、『ブレイズ・ユニオン』に登場するキャラクター。
目次 [非表示]

プロフィール

年齢15歳→18歳
身長159cm→162cm
一人称
クラスValkyrie
使用カードレヴォリューション
テーマ曲「アイギナ出撃!」(『ユグユニ』)、「剣を振るう理由」(『ブレイズ』)
好きな食べ物キノコ
装備制限(ブレイズ)ゲテモノNG・牛乳OK・キノコOK・甘系OK・魔力を持っていない・解読力がある・未成年・非巨乳・派手なものNG・尻尾が似合う・指が細い
CV藤野とも子(『ユグユニ』『ユニゾン』)、中原麻衣(『ブレイズ』)

概要

先んずれば人を制す!


新生ブロンキア帝国に仕えるガルカーサ親衛隊隊長。五頭竜将に匹敵する実力の持ち主で、ただならぬ剣術の使い手。あらゆる場所に現れては敵軍を混乱させ、帝国軍を数々の勝利へと導いてきたことから「神出鬼没の戦乙女」という異名を持つ。

ゲーム開始直後から終盤まで幾度となく戦うことになる強敵で、奥義「レヴォリューション」は相手のヘッド以外を瞬時に全滅させては一瞬で戦況を逆転させる。

ユグドラと同じく金髪碧眼を持ち、髪型は左肩にかけた三つ編み一本にしている。


また、ユグドラと言えば、彼女に対しなんらかの恨みを抱いているようだが……。

王女ユグドラ! 聞こえているのだろう!

お前がドレスで着飾っていた頃、私は復讐を遂げたい一心で、ひたすらに剣を振っていた!

お前が寵愛を受けていた頃、私は、自分達の不遇さを、憎しむ事で紛らわしていた!


戦闘能力

凶悪な装備アイテムと切り札のレヴォリューションで非常に侮れない相手となっている。

スキルの発動を何とか防がないと一発逆転に見舞われる確率が高い。槍ユニットのデュランとニーチェ、相手の弱点属性である暗黒攻撃のロズウェルとエレナ、神聖攻撃を無効にするユグドラ中心に抵抗できるが、ステータスがアイギナより高くなければレヴォリューションを食らうと負ける方が多い。

ただグラヴィティカオスに非常に弱いため、部下を排除して満員ユニオンでグラヴィティカオスを連発していけばなんとかなるかもしれない。ただしエースタイプが斧なので、条件を整うまで斧に有利なアイギナに蹴散らされないように注意が必要。ミラノもキリエも倒れたら即負けなので尚のこと。




















ネタバレ

アイギナ(アイギナ=アイネ=アルトワルツ)にはルシエナ=ルーン=アルトワルツという双子の姉がおり、共に行動を取るが、双子だけあって顔立ちなどがそっくりなため、前もって双子だと知らない相手が二人を同一人物だと勝手に誤解してくれる。

二人は一部の者だけが知るその秘密を戦術に利用してきたわけである。その事実からルシエナとともに「双生の戦乙女」とも言われる。

戦乙女 アイギナ

劇中ではアイギナが片目を射抜かれたことで双子のトリックが崩壊を迎えた為にその存在を明らかにするが、同時にアイギナとルシエナが主人公ユグドラの姉、つまりアイギナとルシエナこそが本来の王国の正統な継承者であることが発覚する。


実はゲーム開始直後に盗賊の砦で交戦した戦乙女はアイギナではなくルシエナであったため、後でユグドラと交戦したアイギナはミラノとルシエナの戦いを知らなかった。


双子の見分けといえば、髪型の違い、甲冑の色(アイギナの方が主に赤い)でつけられる。

アイギナの方が感情的という設定があり、藤野とも子の演技では声が姉より高い。

そんな彼女はルシエナを「姉さん」と呼び慕っている。

神出鬼没の戦乙女

ファンタジニア王都であるパルティナにある湖の向こう側には二人分の墓がある。

町の人々によると、その墓場には「王族に縁のある双子」がユグドラが生まれる前になんらかの悲劇で命を落とし、そこで安らかに眠っているとされる。BF17でその墓に関する情報を集めた場合、BF34でユグドラの戴冠式を阻もうと現れたルシエナには特別な台詞が追加される。

なお墓の存在を知っているのはユグドラとデュランのみ(彼らでは墓関連のイベントが発生しない)。そのためBF43で双子が揃って登場する時、すでに真相に気づいたユグドラは仲間たちと違って驚かない。

二人は本作では事実を詳しく語ることがないが、後に発売された『ブレイズ・ユニオン』では姉妹の事情が明かされている。


『ユグドラ・ユニゾン』でのステータスは以下の通りになっている。

MAX VITVIT低下値ATKCIRCLEPRIDE管轄領域
102412マキナ・ブリッジ

二つ名は姉とお揃いの「双生の戦乙女アイギナ」。

ルシエナに比べてサポート向きのステータスとなっている。

ドラマCDの帝国軍編に登場しており、双子の見分けがつかない味方に悩まされるルシエナを支えようとする心優しく家族思いの一面を見せる。


『ブレイズ・ユニオン』におけるアイギナ

つめ

「Chapter 2 -腐敗する帝国に差す光-」の途中で仲間になる。

今作では私服姿で登場しており、ワインレッドとピンクの清楚なドレスを着用し品のあるお嬢様的な雰囲気を出している。

前作の苛烈な行動と違い、ここでは控えめな性格であり、基本的に真面目で大人しい娘。しかし相変わらずファンタジニア王国を心底憎んでおり、普段とのギャップで仲間を驚かせている。また、後述の神生教団が絡んでくると自分一人で責任を抱え込もうとすることが多く、仲間を巻き添えにしないようにすぐ捨て身になりたがる。その悪い癖で仲間想いの優しさとも言える遠慮しがちなところと、勇ましさゆえの危うさを見せる。前作の設定どおり、感情を爆発させるとすぐ流されてしまう。

かなり礼儀固く、主にですます調や敬語を使った丁寧な口調。命の恩人であるガーロットを、敬愛を込めて「様」付けで呼び続ける。

他の仲間キャラをさん付けで呼ぶが、シスキアだけとは打ち解けており名前を呼び捨てにしている。

今作で三姉妹の声を全員演じている中原麻衣の演じ分けでは、姉や妹と比べて声がやや高くキリっとしており、三姉妹の中ではイントネーションが一番中性的。


「神生教団」という闇の組織に命を狙われ、初登場では養父のアルベルトを殺されたばかりで脚の怪我を負ったルシエナを守るために囮となって教団の目を付けている。敵に包囲され絶体絶命の危機に陥れる彼女だったが、その時通りすがりだったグラムブレイズにルシエナが助けを求めたことによりガーロットに助け出される。

その後は姉妹共々にグラムブレイズに身を置くことになるが、ルシエナは怪我のため非戦闘員であり、アイギナだけが戦闘ユニットになる。


全体的にシナリオのサブヒロイン的な存在であるアイギナだが、双子の過去を紐解くBルートではストーリーの主役に上がり、メインヒロイン交代的な状況となる。


このゲームにおいて彼女がユグドラの「寄らば斬ります!」という名台詞を受け継ぐこととなった。やっぱり血筋には抗えん。


戦闘能力

ドーピング、MVPなしの最終ステータスは以下のとおり。

GENATKTECLUK総計☆ユニット特徴
355316☆ゴーレムに強い・神聖攻撃を無効・暗黒攻撃が苦手

最大の問題点はレベル20まで2☆止まりのGEN(防御力・リーダーシップ)であり、レベル15まで全面的にステータスが弱め。GENの低さに加え暗黒弱点なので斧使いのパンドラ相手でも苦労する。

育てるならば装備品でGENをカバーするか真っ先にMVP、ドーピングで強化すべし。


なお前作のユグドラ同様に切り札のレヴォリューションのコツを掴んで使いこなせれば無双化できるし、他の属性ダメージカードより威力の高いバニッシュも利用できるため実際の強さはプレイヤーの力量に左右されるユニットともいえよう。

どんなルートでも離脱することはないのである意味安全な剣ユニットともいえる。

もちろん自身が物語の主役となるBルートでは案の定強制出撃になるので、Bルート狙いならば力を入れて育成しましょう。


関連イラスト

百合血と涙

双生の戦乙女双生の戦乙女


関連タグ

アイギナ=アイネ=アルトワルツ

ユグドラ・ユニオン ブレイズ・ユニオン ユグドラ・ユニゾン


ガルカーサ ネシア エミリオ

ルシエナ レオン

バルドゥス ジルヴァ ユーディ

モニカ カナン


ガーロット シスキア ジェノン メデューテ

ミゼル バイフー スレイプ イータ


ユグドラ オルディーン


他の記事言語

Aegina




以下『ブレイズ・ユニオン』Bルートネタバレあり




























アイギナはファンタジニア王国の第2王女として生きていたはずだが、生まれてからすぐに暗殺の手がかけられ、とある老人の兵士に助けられて帝国領に連れ出され命拾いをした。

そこで帝国の貴族アルベルトに保護され、世間の目から隠されて育てられた。

だが神生教団に付け狙われ何度も命を脅かされた双子は、自分たちを守ってくれなかった両親と「代わり」として生まれた妹ユグドラを深く憎んでおり、いつか王国に復讐を果そうという一心で生きてきた。


Bルートの序盤でルシエナが神生教団の手で殺される事件により、アイギナ今まで背負ってきた怨みと姉を失った嘆きでいよいよキャパオーバーになり、怒りに流されるままに一人でファンタジニア王国へと疾走することになる。

そして大事な仲間を見捨てられるはずもないガーロットはヴェルマンの制止を蹴ってグラムブレイズを率い、彼女の後を追うことに。


アイギナは自分の護衛部隊となったグラムブレイズと魔竜の力を覚醒したエミリオの協力でヴェルマンが仕向けた追い討ちを振り払い王国への突撃によって王都パルティナに辿り着く。そこでついに姉妹を庇ってくれなかった父親・オルディーン王と、双子の暗殺を企てた黒幕・アランゼームと対面し、過去に捨てられた事件の真相を知る。





以下Bルート裏事情のネタバレあり


















なお、『ユグユニ』及び『ブレイズ』設定書類集によると、赤ん坊の双子を秘密裏で帝国に運ぶ計画を企てたのは、王国の大臣たちに警戒心を覚えた未だ未登場である王国王妃である。


また継承争いを懸念して双子の暗殺を命令したのは神生教団のリーダーでもあるアランゼームだが、実はヴェルマンも最初からアランゼームと手を組んでおり、初めて双子と遭遇した時にガーロットに助け出さないように命令したのはそのためである。双子を保護することに賛成したのはアルベルト領を手にする己の利益のためと同時に双子を神生教団に狙いやすくするためでもあり、のちに私兵団邸宅の位置を神生教団にバラしたのはまさにヴェルマンである。

Bルート序盤では私兵団邸宅から離れた地へと向かうグラムブレイズだが、その地には特に問題がなく、そんな任務を与えたヴェルマンはお留守番担当のルシエナを無防備にするのが目的で、ルシエナ暗殺事件の黒幕は他の誰でもなくヴェルマンだったのだ

ヴェルマンの暗躍はシナリオで直接触れられていないが、『ブレイズ』設定書類集に明かされている。そんな裏設定を踏まえてヴェルマンの言動を注目してプレイすると、彼の怪しさが目立つかもしれない。

関連記事

親記事

ユグドラ・ユニオン ゆぐどらゆにおん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5467

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました