ピクシブ百科事典

アシュクロフト対表現の自由連合裁判

あしゅくろふとたいひょうげんのじゆうれんごうさいばん

2002年4月16日にアメリカ合衆国連邦最高裁判所で判決が出された裁判であり、性的な絵やCGなどを規制する法律はアメリカ合衆国憲法修正第一条(表現の自由条項)に反しており、違憲無効であると判決した裁判。

概要

アメリカは一般に創作物における性的な表現に厳しいようなイメージがあるが、これはそのイメージを真っ向から覆すような判決である。
この判決により、1996年から続いていた創作物規制法は無効となった。
連邦最高裁判事9人の内、デビッド・スーター、クラレンス・トーマス、ルース・ギンズバーグ、ステファン・ブレイヤー、アンソニー・ケネディー、ジョン・P・スティーブンスが違憲を支持した一方、アントニン・スカリア、ウィリアム・レンキスト、サンドラ・デイ・オコナーが合憲を支持し、6対3で違憲が決まった、

関連タグ

アメリカ合衆国 表現の自由

コメント