ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

サムス・アランの軍人時代の上官。
親、あるいはそれ同然の存在を二度も失ったサムスが銀河連邦軍所属時代に父のように慕った人物。
当時ミッションブリーフィングの最後に「異論はないな、レディー(「コドモ向け」モードでは『わかったな、レディー』)(英語では『Any objections, Lady?(直訳すると「何か異論は、レディ?」)』)」と、女子供扱いをかなり忌避していたかつての彼女の神経を逆撫でするようなセリフを決まり文句としていたが、これは彼なりの気遣いから出たジョーク。
彼の思いを理解できなかったサムスは決まってその言葉にサムズダウンで返答していた(本来はサムズアップで以てミッション内容への合意を示すものなのだが、レディー扱いが不満だったサムスは『異論なし(=ミッションへの合意)』と『レディー断固拒否』を示すために敢えてただ一人サムズダウンを貫いていた。後に当人は当時を「幼過ぎた」と回想している)

メトロイドフュージョン」において銀河連邦からサムスに付けられたナビゲートAIの言動が彼に似ていたため、サムスがそのAIをアダムと呼び始めたのが初出。アダム本人はすでにフュージョン時点で故人のため、本人の初出はマガジンZのコミカライズとなる。
後に「メトロイド Other M」においてついにゲームに登場し、同時にプレイヤーは彼の最期を見届けることになる。
日本語版では小山力也氏が演じる。

メトロイドフュージョンでは

上記の通り連邦軍から貸与された宇宙船にインストールされているAIをサムスが皮肉を込めてアダムと呼び始めた。本来は自分の名前を持たない。
Xのはびこる地獄と化した【B.S.L.】においてサムスをナビゲートする。当初は普通にサムスをサポートしていたが、話が進んでくると途端に慎重になる。それを訝しむサムスだが…。

メトロイド Other Mでは

銀河連邦軍第七小隊の指揮官として登場。
生物兵器の類には「生命の身勝手な利用」「生物は生まれた時点で完成されたもの」と徹底して否定の姿勢をとっている。
本作でイアンという弟がいたこと、彼が過去に起きた宇宙旅客機救出ミッションにて殉職してしまったことが判明。この時のアダムの対応に納得できなかったことが、サムスが連邦軍を離れフリーの賞金稼ぎになったきっかけであることも明かされた。

スペースコロニー【ボトルシップ】の調査に部下を率いて訪れた所でサムスと出会うが、再会を喜ぶような顔はしなかった。
彼女にボトルシップへやって来た理由を問われるもあくまで部外者である彼女に情報を明かすようなことはしなかったが、突如として現れたクリーチャーとの戦闘では咄嗟にサムスに指揮を飛ばし連携して撃退。
戦闘後サムスの進言を受け入れ『我々のミッションに協力して貰わねばならないようだ』と告げるが、サムスの火力は過剰であるとして『全ての行動は、私の指示に従ってもらう。武器の使用も制限する』と付け加えた。

このため本作ではサムスの各種装備はアダムから許可が出るまで使用制限がかかる。
加えてパワーボムは絶対に解禁しないと明言される(理由は破壊力が高すぎて起爆すれば周囲の生存者や仲間が一瞬にして蒸発してしまうため)が、これが最終盤のとあるシーンでの初見殺しに繋がっている。

コロニー全域に通信障害が発生した状況の中でサムスのみ問題なく通信が可能だったため彼女を指揮しナビゲートしていくが、探索中のサムスがあるものと接敵したのと前後して連絡が途絶えてしまい……?

メトロイドドレッドでは

フュージョン後の時系列のドレッドでもサムスのサポートAIとして登場。
元は連邦軍からの貸与品扱いだったはずだが、【B.S.L.】の事件後そのまま貰っていったのかは不明。
舞台となる【ZDR】が未探の惑星である事と妨害電波の影響で逐次サポートすることはできず、フュージョンのように惑星内部のアクセスステーションにて現在の探索状況を話し合うという形で接触することになる。
なお冒頭で、今回の報酬が依頼内容に対して少なく不釣り合いと愚痴るがサムスに無視されるという、従来作の堅物な性格を考えると非常に俗っぽい意外なやり取りを見ることができる。


ネタバレ(Other M)

行方を晦ましてからしばらくした後、セクター0と呼ばれる秘匿エリアでサムスを背後からフリーズガンで銃撃する形で再登場。
眼前に現れたメトロイドの幼体に完全に気をとられていたサムスは不意打ちに激しく動揺し、パワードスーツの維持ができず行動不能になった。

セクター0への侵入前に【メトロイド軍事化計画】のレポート作成者という経歴が明かされたためサムスからは疑念を抱かれていたが、肝心のレポートの内容は「メトロイドの外見、特性、特徴、攻撃手段、繁殖方法、進化方法などを書き連ねて重大な危険性について解き『計画を行うべきではない』と結論付けたもの」であった。
が、これがメトロイドの軍事利用を画策していた連邦軍の一派に余計なヒントを与えてしまい、セクター0で繁殖していたメトロイドは【低温環境に弱い】という弱点を遺伝子操作で克服されてしまっていた。

凍結しなくなったメトロイド相手にサムスの勝ち目は限りなく薄い。
そう判断したアダムはセクター0突入前にサムスを止めようと追いかけてきたのだった。

そんな時、ボトルシップの推進装置が稼働を始める。
メトロイドたちを統率する人工知能『MB』による銀河連邦への襲撃開始の狼煙であった。
最早一刻の猶予もないと判断したアダムは、行動不能になったサムスに『生存者の保護』『コロニーの推進装置停止』『リドリーの討伐』を命じ、自身は『自爆装置を起動し人工知能『MB』と強化されたメトロイド諸共セクター0を爆破する』ために単身乗り込もうとする。

自身を犠牲にする選択を選ぶアダムを前にサムスは激しく動揺する。
『私がメトロイドを倒す可能性に賭けるべきだ』『私が信じられないのか!?』と。
二人が袂を分かったあの日、イアンが殉職したあの時と全く同じ構図。

……だがアダムの返答はあの時とは違っていた。

『私はリドリーと戦えない。君のように、銀河を守れはしない。ただの人間だ』

『………だが、君を守れる』

多くを語らず冷徹に振る舞ったあの時とは違い、優しく諭すように語り掛けるアダム。
手荒な真似をして行動不能にしたことを詫びるとセクター0へ一人で足を踏み入れ、隔壁をロックしてしまう。
泣きながら隔壁を叩き、行かないでくれと叫ぶサムスを振り返った彼は最後の言葉を告げた。


『異論はないな? レディ(No objections. Right, lady?)』


行くべきモノが行き、残るべき者が残る。
今行くべきは、アダムだった。

最後まで自身にサムズダウンを返したサムスを見て安心したのか、果たすべき任務へ挑むアダム。サムスの目に写ったのは、父としての彼の背中だった。

かくしてセクター0はボトルシップからパージされ自爆。
凍結しなくなったメトロイドという悪夢の兵器は、一人の偉大な戦士の命と引き換えにこの宇宙から消えたのだった。

ネタバレ(フュージョン)

サムスは【B.S.L.】の最深部にてメトロイドを培養するシークレットラボを発見する。
ラボを探索するサムスだったが、最深部に足を踏み入れた瞬間爆発音が響く。
現場に引き返したサムスの目の前ではSA-Xがメトロイドのカプセルに攻撃を仕掛けており、逃げ出したメトロイドがSA-Xを襲っていた。
メトロイドの脱走とSA-Xの破壊行為により、シークレットラボは【B.S.L.】から切り離され自爆。サムスは命からがら脱出する。

その後、AIはSA-Xが先刻シークレットラボにいた以外に少なくとも10体【B.S.L.】を徘徊していること、そのSA-Xを捕獲し軍事利用する計画が連邦軍で持ち上がっていることを明かす。
無論、逆に殲滅され連邦軍のコピーが何食わぬ顔で銀河連邦に戻り阿鼻叫喚を生み出すことは火を見るよりも明らかであった。
あまりに愚かしい計画を開示し、協力が得られないだろうサムスをナビゲーションブースに閉じ込めておく予定だと語るAIにサムスは激昂。
これまで密かにそう呼んでいた彼を直接アダムと呼び、「アダムであれば即座に【B.S.L.】を自爆させよ」と命ずるはずだと語る。行くべき者が行き、残るべき者が残る。あの日彼がそうしたように。

だが、アダムはこう返す。

「おろかな考えだ。ステーションを自爆させようとも、惑星SR388に残る無数のXはそのまま残り、連邦軍の計画に邪魔なサムスという戦士が消え去るだけだ」と。

論破され黙り込むサムスに対し、彼は思わぬ一言を続ける。

「このステーションを惑星SR388にぶつければ、Xの根絶は可能だ。今すぐ推進エンジンを起動すれば、連邦軍は追いつけまい」

そしてサムスに最終ミッションが告げられる。

コントロールブリッジに向かい、目的地を惑星SR388にセット。すぐに脱出し、生還せよ。
異論はないな、レディー」と。

アダム・マルコビッチの頭脳は、本人の死後もAIとなり任務を続けていたのだ。
彼は再び、サムスと共に銀河の危機を救ったのである。


関連タグ

メトロイド

関連記事

親記事

メトロイド めとろいど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アダム・マルコビッチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38877

コメント