ピクシブ百科事典

鳥人族

ちょうじんぞく

主に翼のある人間、もしくは人のように進化した鳥のこと。
目次[非表示]

鳥人


メトロイドシリーズの鳥人族について


ゲーム作品登場時点ではすでに滅びた種族。
同シリーズの根幹にかかわる生命体『メトロイド』を創造したのは彼らであり、またサムスのパワードスーツにエリシアン、そして後にスペースパイレーツの親玉となるマザーブレインの開発者でもある。
いわば「メトロイドシリーズ」の物語、そして戦士としてのサムス・アランの生みの親。

幼くして両親と共に採掘基地へと移住したサムスは、3歳のころ採掘基地にやってきた鳥人族の長老・グレイヴォイスと出会い親友となるが、グレイヴォイスを尾行していたスペースパイレーツによって採掘基地を襲撃され、結果両親を殺されてしまう。なお、この際の襲撃メンバーの中にはかのリドリーもおり、サムスはこの事件がもとでリドリーに対するトラウマを抱えている。

悪意がなかったとはいえサムスの両親を死なせてしまったことに責任を感じたグレイヴォイスは、母星ゼーベスへとサムスを連れ帰り、20代近くまで養育した。
この際、ゼーベスの気候・環境に耐えられるよう遺伝子操作をほどこしたことで、サムスは超人的な身体能力を獲得している。


サムスが幼少期の時点で既に種族全体の滅亡が見えていたらしく、サムスに戦士としての訓練をさせたほか、自分たちの代わりに宇宙の守り手とするべく、マザーブレインを製作した。このうち、マザーブレインは同じく宇宙の守り手候補だったサムスへの嫉妬から離反、逆にスペースパイレーツの側へと寝返り、鳥人族を破滅させている。



初代~GBA版では


直接は登場せず、彼らが製作したサムス用のアイテム、防衛兵器、そしてアイテムの管理者をかねる鳥人像が登場している。
また、「ゼロミッション」では彼らの遺跡「チョウゾデイア」とその神殿「大軍神の間」が存在し、このうち「大軍神の間」はボス「大軍神」との戦闘エリアでもある。


鳥人像

動く鳥人像その2


鳥人族の遺伝子を使用して作られた像。横スクロール版のメトロイドシリーズをプレイしたことがある人なら、「ビームアイテムの台座」「アイテム持ってる像」といえばピンとくるだろう。


プライムシリーズ以降では


やはり直接は登場せず、彼らが残した碑文が「チョウゾロア」として登場するほか、ステージの一つには彼らの遺跡「チョウゾルーインズ」が登場する。
碑文によれば自然と一体化し、鳥人族を含めた未来予知の能力を持っていたようで、予言に則って「戦士」(=サムス・アラン)用のアイテムを各所に配置していたほか、とある邪悪な存在を自分たちの命と引き換えに封印した旨が記されている。また、「賢しき者の一団が白い大地に黒い染みとして広がるだろう」としてスペースパイレーツがアイスバレイ(=雪ステージ)に台頭することも予言していた。

このほかに、彼らの亡霊「チョウゾゴースト」も登場する。

チョウゾゴースト

鳥人族の残留思念。ざっくり言えば怨念的なもの。
かれらの遺跡たるチョウゾルーインズへの侵入者に襲い掛かるが、考える力を持たないらしく、本来後継者であり歓迎する存在であるはずのサムスにも見境なく襲い掛かる。
当の鳥人族はこのことも織り込み済みであり「戦士としての試練ってことで」(意訳)と碑文に書き残している。
透明になるわ、ある特定の武器でしか倒せないわ、エリアを変えたら復活するわとかなり厄介な奴。


関連イラスト

いきなり動き出すやつ


だいぶ昔のメトロイド絵2



関連タグ


 獣人 メトロイド メトロイド(クリーチャー) マザーブレイン

pixivに投稿された作品 pixivで「鳥人族」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4901

コメント