ピクシブ百科事典

イツァムナー

いつぁむなー

マヤ神話における最高神。「イツァム・ナー」と表記されることもある。
目次[非表示]

概要

マヤ神話における最高神。
創世神ウナブ・クウ、また太陽神キニチ・アハウの子とされており、月の女神であるイシュ・チェルの夫。

完全なる善意を司る存在とされており、マヤ神話における世界そのもの(マヤの人々は世界が巨大な爬虫類の体で出来ていると考えていた)であり、4つの役割を担っているとされ、それぞれ主神としては「イツァムナー・ガブル」、太陽神としては「イツァムナー・キニチ・アハウ」、豊穣神として「イツァムナー・カウイル」、雨神としては「イツァムナー・トル」と4つの名前を持つ。

また、人間に文字や太陽暦、そして薬やトウモロコシカカオの栽培方法などを教えた温厚で恵み深い性格をしているとされる。

ワニ、或いはイグアナ(ドラゴンとも)と人の顔を持つ姿、または口からドラゴンの顔(あるいはその逆)、双頭のイグアナの姿をしているとされており、地下砦の九冥神・ボロンティクたちを統括しているア・プチと敵対関係にあると言われている。

また、太陽神としては夕方になると沈んでダチを支える蛇に飲み込まれ、夜の間に体内を巡って翌日になると蛇のもう一つの頭から出てきて再び天に上るとされており、そのほか、天の川を体現しているとされる姿の時は巨大な双頭のの姿として現され、東を向いた右の頭はの昇る太陽明けの明星、生命を象徴しており、左の頭は沈む太陽と死を象徴しているという。

登場作品など

女神転生シリーズ
太陽の神殿 - 「イツァム・ナーのリング」というアイテムの一つとして、名前が登場。

関連項目

マヤ神話

pixivに投稿された作品 pixivで「イツァムナー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 155

コメント