ピクシブ百科事典

ウアジェト

うあじぇと

ウアジェト(Wadjet)とは、エジプト神話に登場する女神。
目次[非表示]

概要

古代エジプト語では「ウァージェイト」といい、日本語では「ヴァジェト」とも表記する。名前は「緑色の者」「パピルスの色をした者」を意味する。「パピルスの色(ウァージュ)」は青、緑を指しており、これはコブラの色でもある。

一般的には「ウジャト」表記が有名で、ホルス神の目の一つ「ウジャトの目」はこの女神の名前に由来する(エジプトと聞いて思い浮かべる目のマークといった方がわかりやすいか)。ちなみに、ウジャトの目は所謂ホルス神の左目を指し、右目は「ラーの目」と呼ばれる。前者は月の象徴とされた。

エジプト幻想




コブラの頭を持つ女性、女性の頭を持つコブラ、またコブラそのものの姿で描かれる。これは下エジプトがエジプトコブラの生息する環境であった為である。
王の象徴である「ウラエウス」を頭につけた女性としても描写された。

上エジプトの守護女神ネクベトと対なる下エジプトの守護神で、王冠にあしらわれるウラエウスは元は彼女を図案化したもの。

信仰

下エジプトの都市イメトには彼女を祀る大きな神殿があり、ホルスミンと共に信仰されていた。

太陽神ラーの守護者と見なされるようになると、太陽の持つ光と炎を特徴として獲得し、その視線により敵対者に炎を送る者と考えられ「炎の貴婦人」の異名で呼ばれた。

バステトと習合した「ウアジェト・バステト」は、バステトの古い形である雌獅子頭で造形され、軍神として信仰を集めた。セクメトとも習合した。

神聖動物はもちろんコブラだが、まれにライオンマングーストガリネズミカワウソ
後者の3匹は似たようなデザインで表現されるため、とても紛らわしい。

余談

昭和時代の『世界妖怪図鑑』に記述されていた「ワジト」という妖怪は、鷲(ワシ)の翼を持つコブラであることからダジャレによる創作であると思われていたが、漫画家唐沢なをき氏が『怪』誌に掲載した漫画で同定し何気に合っていることを報告した。

女神転生シリーズの派生作品「デビルチルドレン」では「ヴァジェット」名義で登場。女神要素が全くなく、西洋竜の姿で表されている(尤も、デビチルではポセイドンが人面エイだったり、バルバトスが蛇だったり、ラミアがアフリカ系の仮面を付けたモンスターになったりと割と原典クラッシャーされている悪魔が多いので気にしたら負けである)。

関連タグ

エジプト神話 アージェイト 
コブラ 蛇神 女神
ナーガ:同じくコブラの神格化。

関連記事

親記事

エジプト神話 えじぷとしんわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウアジェト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11394

コメント