ピクシブ百科事典

オオマガツヒ

おおまがつひ

オオマガツヒ(大禍津日)とは、黄泉の穢れから生まれた日本神話の災厄の神である。
目次[非表示]

概要

神産みによる一件から黄泉の国から帰ったイザナギが、黄泉の穢れを禊で祓ったときに産まれた神の一柱で、同時にヤソマガツヒ(八十禍津日)も産まれている。
名前の意味は「大(大きな)」「禍津(災厄の)」「日(神霊)」である。
あらゆる災厄をあらわしている神といわれ、後にこの神を祀ることで災厄から逃れることができるという信仰が生まれた。

創作での扱い

女神転生シリーズ

  • デビルサマナー』では悪魔を使役したという古代王朝によって造られた、古墳の奥を守護する三日月の様な角の生えたマッチョな男性型の”造魔”オオマガツヒが登場した。
  • 超力兵団』では、超力兵団の戦力として、超力戦艦オオマガツが登場した。(恐れ多いので「ヒ」はつかないもよう)

関連タグ

日本神話 イザナギ ヤソマガツヒ マガツヒ 厄病神

pixivに投稿された作品 pixivで「オオマガツヒ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51

コメント