ピクシブ百科事典

超力戦艦ヤソマガツ

ちょうりきせんかんやそまがつ

超力戦艦ヤソマガツとは、欧米列強に対抗するために大正二十年において設立された超力兵団の戦力である。

※ネタバレ注意






















概要

「超力戦艦ヤソマガツ」とは、帝国陸軍少将宗像一騎によって欧米列強に対抗するために設立された超力兵団が、秘密裏に建造した戦艦である。

「超力兵団計画」の初期には敵艦と交戦後、陸上戦艦として無限軌道で敵本土に上陸し、歩兵部隊を展開後に支援砲撃を行う兵器として考案された。

しかし、大正二十年の科学技術では製造は不可能であるため、軍上層部に却下されていた。
諦めきれない宗像少将は、将来世界の事象を知り得ることが出来るという大道寺家に起こる「鬼憑き」という現象に着目し、知り得ることになった将来技術と魔術を用い完成させることに成功する。

その結果、当初の計画を超えた可変式揚陸潜水戦艦として完成することになった。

主武装は超金属ヒヒイロカネを使用した超徹甲弾酸素魚雷、収束型荷電粒子砲
動力は「人工衛星タイイツ」が地球の自転を利用した永久機関で造りだす電力によるものである。

なお「ヤソマガツ」は2番艦で、同型艦として拡散型荷電粒子砲を持つ1番艦「超力戦艦オオマガツ」がある。

そして敵国の港湾部に侵入した暁には

関連タグ

超力兵団 ヨミクグツ 金子一馬
戦艦 潜水艦 超兵器

pixivに投稿された作品 pixivで「超力戦艦ヤソマガツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7

コメント