ピクシブ百科事典

超力超神ヤソマガツ

ちょうりきちょうしんやそまがつ

超力超神ヤソマガツとは、欧米列強に対抗するために大正二十年において設立された超力兵団の最終戦力である。
目次[非表示]

※ネタバレ注意

pixivにおいては主に人型戦艦のイラストにこのタグが使われている。

その34.物部布都
LONG・HEAD
BURNING LOVE
艦隊これくしょん(想像)
























概要

「超力超神ヤソマガツ」とは、帝国陸軍少将宗像一騎によって欧米列強に対抗するために設立された超力兵団によって秘密裏に建造された超力戦艦ヤソマガツが、人型形態に変形した姿をこの名で呼ぶ。

人型形態への速やかな変形、稼働には多くの帝都民の不安を糧に育てられたヒルコが用いられる。ヒルコの型の中に入りたがる性質を利用し、疑似的な筋肉とすることで、あたかも人のような動作が可能となった。

この形態に変形することにより、敵国及び敵兵に対する心理的効果も大きいが、前面に対して火力が集中することにより圧倒的な破壊力を生じさせることができる。

なお「ヤソマガツ」は2番艦で、同型艦として拡散型荷電粒子砲を持つ1番艦「超力超神オオマガツ」が先行して当初の目的とは違う理由で出撃してしまい、帝都を火の海に変えてしまったが葛葉一族によって、動力源であった同じく将来技術の結晶である人工衛星タイイツが破壊されたことにより活動停止している。

この事件は葛葉一族の活動および歴史の修正力により、大規模な震災によるものとして収束している。

活躍

『デビルサマナー葛葉ライドウ 対 超力兵団』において、1番艦が変形した「超力超神オオマガツ」の活動停止後、最終ダンジョン「アカラナ回廊」最深部で待ち受けている。

いざ、決戦


戦艦形態の艦橋からのヨミクグツによる攻撃は物理攻撃中心なので、物理反射の仲魔を使役することで有利に戦うことができる。
超力超神形態では荷電粒子砲で暴れ回り、最終的に黒幕と融合したグロテスクな最終形態に変身する。

3DSでリメイクされた『ソウルハッカーズ』では隠しボスとして、現代のデビルサマナーを試すためライドウ雷堂のダブル召喚で使役された。

関連タグ

超力兵団 ヨミクグツ 金子一馬
戦艦 超兵器 ラスボス
マクロス/SDF-1

関連記事

親記事

超力戦艦ヤソマガツ ちょうりきせんかんやそまがつ

pixivに投稿された作品 pixivで「超力超神ヤソマガツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1015

コメント